FC2ブログ
2019年04月14日 (日) | Edit |
昨日は午後からダムランして、今日も10kmくらいは走らなきゃ~て思っていたけど、今ひとつヤル気が起きないでダラダラしてたら雨が降り出した。これ幸いにゴロゴロして図書館から借りてきた本を読んで過ごしました。

「どんまい」 重松清著
さらりと読める、草野球チームの話だけど、罰イチ主婦と娘がチームに参加、チームメンバーそれぞれの人生があって、思うようにいかない事だらけだけど、草野球チームを通して少しずつ変わっていくというもの。
ドンマイという言葉に惹かれて借りてきたけど、まあね、私の人生もどんまいだらけです。


さて、読書の記録しとかないと何を読んだか忘れてしまう(笑)

2月に読んだ本、

「不仲の母を介護し見取って気づいた人生でいちばん大切なこと」川上澄江著

「脳を活かす生活術」  茂木健一郎著
走る事って脳にすごくいいんだってことを学んだ。

「下町ロケット ガウディ計画」 池井戸潤著
テレビ放映されたらしいけど、テレビ観ないのでヨカッタ。最後まで気持ちよく面白く読ませてもらいました。

「ののはな通信」 三浦しをん著 
少女の交換日記から始まって延々と交換日記なんだけど、これが面白かったのです。途中からあれあれ~~?って意外な展開になったし、交換日記だけなのにちゃんと物語が出来上がっていてすごく面白かったです。

3月に読んだ本

「星の王子さま」 サン・テグジュペリ
これ読んだことなかったんです。なんだか難しかったです。もう一度ゆっくり読み直さねば。

「海賊とよばれた男」 上巻  百田尚樹著
「海賊とよばれた男」 下巻 


これは面白かったです。実在の人物をモデルにしてあるそうだけど、スケールの大きさに圧倒されました。
戦後の日本の復興は大変だったろうなあ、今の日本があるのもそうした人達のお陰でしょう、日本人て凄いです。

次はどんな本と出会えるか楽しみです。


本日はご訪問ありがとうございました。

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村






スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
私も海賊と呼ばれた男は良かったです。
事を成し遂げるとはどういう事なのか。
本物の使命感とか情熱とかを感じる本でした。
思わず、何ページか、コピーして、「我々の組織もこんな風にありたいよね。」と、部下に読んでもらいました。
2019/04/15(Mon) 19:30 | URL  | こしわか #-[ 編集]
こしわかさんへ
こしわかさんコメント有難うございます!!

お久しぶりです!

海賊と呼ばれた男、戦前戦後の時代の人って苦労の仕方が違うですね、自分の信念だけではやり遂げられない気がします。
潔いっていうか、男らしいっていうか、こういう上司がいたらついていきたいです。

苦労って買ってでもしろっていいますけど、今になってそうかもしれないなって思います。
乗り越えるごとに大きくなれそう。

この年になるともうあんまり苦労したくはないですけど。。
2019/04/16(Tue) 07:52 | URL  | トン姑 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック