FC2ブログ
2019年02月12日 (火) | Edit |
帯状疱疹後神経痛はだいぶよくなりました。ほぼ忘れてる(笑)

今日は借りた本の2冊目、茂木健一郎さんの「脳を活かす生活術」
まだ少ししか読めてないです。こういう本て苦手かも。目次読んでなんとなく読んだ気になりそう。

脳は生きる術が沢山詰まった「道具箱」としての役割がある。
 笑いで逆境をプラスにかえる
 形から入った笑いでも感情に影響を及ぼす
 自分にしか流せない涙を流す
 日記をつけて脳の楽観回路を磨く
 はてなマークで楽しみながら無意識を耕す

喜怒哀楽って大事なことなのね。思いっきり笑ったり泣いたりする事は今の私に必要な事かもしれない。

脳の健康法と体の健康法はほぼ一致する。
茂木さんは健康の為に毎朝走っておられると書いてあります。この本よく見たら10年前のもの。今はどうなんだろう。

興味が湧いたので調べてみました。
なんと2015年の東京マラソンを完走されていました。しかもこんな本も出しておられる。有名な話かもしれないけれど、私は知らなかったです。

nmo.png

内容紹介
脳科学者茂木健一郎が、脳との関係からランニングの絶大な効果を語る初めての本。小学生の頃から学校の外周を走っていた、という生粋のランニングマン。中年を過ぎてから長距離を走り始め、2015年の東京マラソンで初めて完走しました。走ることを考え、考えながら走ってきた脳科学者が最先端の脳科学を介して、走ることで脳がどう変わるのか、どんな効用があるのか、さらには脳にはたらきかける効果的な練習法を紹介します

走る事ってやっぱいい事なのねえ。たまたま読んだ本が「走る事」に繋がっているのが驚き。
この本は読んでみたいです。

それはそうと、そろそろ熊本城マラソンの応援を考えないと、時間が足りない。もっと時間を有効に使わねば。

本日はご訪問ありがとうございました。

にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギングへ
にほんブログ村

スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック