FC2ブログ
2017年09月12日 (火) | Edit |
矢方ヶ岳の頂上に立った時点でレースの半分は終わった気分でいましたが、残りはまだ8.5kmあったんですよね。どうせ下りだしって思っていたのが甘かったとゴール近くになって思い知りました。

下りって怖いです、滑らないようにこコケないように神経を集中し慎重に降りました。行く手を阻む倒木や濡れた石など乗らないように気をつけて、少しでも走れるような所は走るように心がけました。
まるで山を駆ける修行僧みたいなんて想像したり、山道を走る自分が不思議な感じでもありました。(それほど走れてはいなかったけど)

P_20170910_103713.jpg


それでも下りは結構楽しかった。コケる事なく降りれたし、動き続けるのが苦痛ではなかったです。
降りきったところの沢に簡単な橋がかけてあってそこに何人もの人がいたので何かと思ったら、滝つぼがあってそこにランナーさんがダイブしてました。「ここダイブしないといけないんですか?」って聞いたら「自由ですよ」っておっしゃる。面白そうだったので、せっかく来たからダイブして行こうと岩からダイブ。前の人が靴を履いたまんまだったんで私も靴を履いたまま飛び込んだんですが、なんと足がつかない!!急に靴が重く感じられてこのままだと溺れるって恐怖にかられ、平泳ぎで必死に岸まで泳ぎました。死ぬかと思った。
せいぜい2~3m泳いだだけだったけど、怖かったです。58歳のオバちゃんのすることやないね。

P_20170910_113108.jpg

P_20170910_113414.jpg

びしょ濡れ、この写真の顔はひきつってます。見苦しいのでお見せできません。

そこからまた登ったり降りたりしたのだけれど、濡れた靴が重くて足を交わす度にバカな事をしたと後悔しました。まだまだ距離があったんですね、コースを把握してなかったのが誤算に繋がりました。

なんせ1km進むのがやたらきついんです。あと2kmって所で脚が終わったです。下りは調子よかったのでミキちょんより速かったんですが、最後の方で追い越されてしまいました。追いつこうにも脚が上がらずやっとの思いでゴール。

なんとか制限時間4時間内だったのでゴールした後は達成感でいっぱいになりました。私でもトレランの大会に出られたって思っただけで満足でした。

ゴールしてミキチョンとハイタッチ、同じくらいで走っていた女子の方がウルウルとされていて、一緒に握手。
いいなあ~、いいよこの感じ。

その後、時間内にみのちゃんもゴール、色々と写真撮られて楽しまれたようでした。水神様の湧き水などもあったそう、私は全然気付かなかったです。しかもコースアウトした方がおられて、怪我されたのかと心配されたようでした。
コースには黄色のリボンがありましたが、最初に道を間違えたりもしましたし、地図をしっかり確認しなくてはいけないと痛感しました。

お昼は団子汁とオニギリ、手作りのお漬物。アイスクリームもありましたが、体が濡れて寒かったので食べなかったです。
みのちゃんとお友達の方とミキチョンと4人で頂きました。

P_20170910_123527.jpg

美味しかったです、ボランティアの方々有難うございました。
その後、みのちゃんとは次の梨マラソンでの再会を約束してお別れしました。


あと1回続きます。
本日はご訪問ありがとうございました。


にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギングへ
にほんブログ村

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック