FC2ブログ
2017年09月11日 (月) | Edit |
大会前日より実家に宿泊、朝5時過ぎに起床して6時前には出発。受付は6時から6時50分までなのでギリギリかなと車を走らせました。

6時50分過ぎに到着して受付を済ませました。

P_20170910_072130.jpg

見るからに女子も男子も引き締まった体型、特に脚がスゴイ(゚д゚)
ミキちょんと木陰に陣地とって準備します。

ゲストランナーは熊本県出身の荒木宏太選手。2017年の世界選手権日本代表に選ばれています。



前ふりが長くなりました。まずはこの大会に誘ってくださったブログ友のみのちゃんを探しましたがなかなか見つからず、ロングコースはスタートしていきました。荒木さんは5分遅れでスタートされましたがありえん速さでした。ぼやっとしてたらみのちゃんからお声をかけていただき、さっそく記念撮影。

P_20170910_080323.jpg

あっという間にスタートの合図。ショートコースは143名(うち女子が43名)


誰かが「先頭が道を間違うと後もみんなついていくからねえ」なんて話を耳にしながら人について階段を下っていると、続々と前を走っている人が返ってくるではないですか。またも誰かが「道が違うぞ」って全員がまた元の道へ戻るというアクシデント。トレイルってそういう事あるあるなんだと実感。


登山道へ入るところで速そうな人を前に行かせて邪魔にならないよう後ろからついて行きます。まさしく登山。こんなとこ走れるわけないやん。ただひたすら黙々と登ります。同じくらいで登る人に「初めてですか?私も初めてです」なんて話かけながら登る。
途中に梯子があると、お決まりの「ファイトー一発」とコールしながら登る。


木漏れ日が綺麗、鳥の声がして自然の息遣いが聞えるようです。いや人の息遣いか。最初の登りがキツイのでゆっくりペースで登り続けます。結構いけるかもと休憩なしてひたすら登る。

ヤッホー


ちょっとした広場に出るとスタッフの方がおられて「頑張れ」って声をかけてくださり嬉しい限り。トレイルって応援する人いないのよね。しかしもうロングの人が走ってきます。速っ。本当に走ってる。よほどな斜面でない限り走るんだと驚愕。

速い人が来るたびによけてばっかり。登りつづけて1時間経過。自分の中ではまだ倍は登らなきゃいけないと思っていたら、しばらくしてスタッフの方と荒木さんがおられて「あと2分くらいで頂上ですよ」とおっしゃる、嬉しくてハイタッチして行くとと頂上へ到着。

そこでゼッケンのQRコードをチェック。ミキちょんは既に到着していましてお互いハイタッチと記念撮影。

1505076588604 (3)

標高1052m、ショート 4.3km  ロング 13.8km 地点

水分補給とカロリーメイト食べてミキチョンと一緒に出発。下りは気を使いますねえ、滑らないように気を遣います。
すると結構大きな木が傾いていてミキチョンが何気に触るとドサッと落ちるではないですか、思わず「どんだけ怪力なん!そんな大木倒すなんて」というと後ろの男性にウケて事あるごとに「その木は倒さないでくださいねえ」とおっしゃる。前にどうぞというと「いえいえ倒された木を片付けますので」と。笑いました。

さて、あと9km。頂上から下るだけだし楽勝~と思っていたら何の何の、そんなに甘いものではありませんでした。

つづきはまた。


本日はご訪問ありがとうございました。


にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギングへ
にほんブログ村



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
みきちょんさんの怪力発揮!ウケました(^◇^)
そして後ろの男性のセンスあるおしゃべり、ステキです。
トレラン愛好家は足がごっついんですよね。
山で出会うご高齢の方々も足の筋肉、すんごいですもん。筋肉痛は大丈夫ですか?
下り編、楽しみにしてます!
2017/09/12(Tue) 07:46 | URL  | はとぽう #64TjWBNY[ 編集]
はとぽうさんへ
こんばんは、はとぽうさんコメント有難うございます!

冗談言いがら進むと気が紛れました。後のほうではもうきつくて足も口も止まっちゃいましたけどね。

トレランしてる人の体型って凄いですね、余計な肉がついてない締まった脚に見とれました。女子もカモシカみたいでした。
ゴールした後は筋肉痛もそうなかったんですが、2日経った今日は結構きてます。筋肉痛って後からくるんですよね、年々痛みが遅くやってくるようになりました。ちゃんとケアしてあげないといけないですね。
2017/09/12(Tue) 16:29 | URL  | トントン子 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック