2014年08月25日 (月) | Edit |
まぼろし~の大会と噂の瀬の本高原マラソン大会に行ってきましたバイ。
もちろん完走しましたよ~、高低差270mの高原を走りました!トレーニングのつもりでおしゃべりしながらゆっくり下りまして、復路はずっとのぼりできつかったです。ゆっくりでしたがずっと走り続けました。
タイムはゴールしてから時計をストップするの忘れてまして、たぶんですが15.48km 1:45:24 6:48ペースでした。
順位は814名参加の538位でした~!

当初、2時間はかかると思っていたので、それより早くゴールできたので満足しています。たぶん晴れていたらもっときつかったでしょう、曇りのち雨で良かったです。


23日土曜の昼から美樹ちゃんと出発、車で片道3時間30分かけて瀬の本高原へ、今夜のお宿は瀬の本高原ユースホステル、朝食付き3240円也。荷物を置いて、すぐ近くにある黒川温泉郷へ食事と温泉へ行ってきました。

RIMG0620_convert_20140825164154.jpg

川沿いに何件もの雰囲気の良い旅館があり、ちょうどマラソン大会の前夜祭があっていました。

RIMG0625_convert_20140825164013.jpg

いい感じでしょう!

RIMG0622_convert_20140825163522.jpg

有名な秘湯です、混浴なのです、行きたかったけれど美樹ちゃんに止められた。

温泉は女子専用露天風呂、川のせせらぎを聞きながら気持ちよかった。食事場所もお洒落で落ち着いていました。
地ビール買って20時にはユースホステルへ、登山の団体さんとマラソン大会に出られる方が数人おられ、色々と情報交換しました。
「大会のコースは行きは極楽、帰りは地獄」とのことでした。

大会当日は6:00起床。7:00朝食、7:45にユースを出て5分で会場駐車場へ、受付を済ませてから車へ戻ると、この大会でまた再会予定のジョグノートのお友達が近くに駐車されていました。前回はお隣に駐車されてまして、不思議なご縁なのです。

大雨や台風で中止の多いこの大会、今年は曇りで雨も降りそうだけど開催まちがいなしで沢山のランナーさんが集まっていまして、開会式では走友会の超ベテランの方々(80歳代?)が聖火を点されました。確か最高齢は96歳でした。


10:00には10マイル(約16km)スタート、10:10に10kmスタート。

美樹ちゃんは10kmなので、10マイルの私とラン友さんご夫婦は10分早くスタートしました。ラン友さんのご主人は故障中で練習をされてないとかで2kgも体重が増えたとおっしゃってました、腰にコルセットつけての参加でしたが余裕の走りでした。

往路はアップダウンしながらもじわじわ下り、ラン友さんとず~っとおしゃべりしながら6分前後のペースで走りまして、復路はずっと上りで息があがっておしゃべりできず、とにかく必死に走りました。たぶん歩いたほうが速かったかも・・・。

RIMG0633_convert_20140825165134.jpg

これは復路、ラン友さんは4人ほど前を走られています、ここは割りと平坦な道、雨が降っていてランパンが水着みたいになって足に張り付くので走りにくかった。

タイツを履くか悩んだんですけど、なんせインナー付なのでタイツはいてランパン履くと変なんです、でも履いとけば良かった・・・。

今日はここまでで時間切れになりました。スミマセンが続きはまた明日。。
最後まで読んでくださってありがとうございました。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
No title
夏の暑い中でしかも厳しいコース、お疲れ様でした。私には出来ません。

雨だったんですね。暑さは和らいでも、雨は走りにくいですよね。

前泊された旅館街、いい雰囲気ですね。前泊もいいのでしょうが、ラン後にもう一泊したいくらいでは。非日常を満喫出来そうですね。
2014/08/26(Tue) 06:13 | URL  | こしわか #-[ 編集]
こしわかさんへ
おはようございます、コメントありがとうございます!

実は雨のお陰で暑くなくて走りやすかったんですよ~、暑かったら厳しかったでしょうね、ゾッとします。
こんなにずぶ濡れで走ったのは初めてでした、ランパンがまとわりつくのが走りにくかったです、タイツの方がよさそうでした。天候によってコスチュームも考えないといけないみたいですね。

前泊はYHだったので、ぜひこの黒川温泉郷の旅館に泊まりにきたいと思いました。どこもとても雰囲気がいいんですよ、人気があるのもわかります、手形を購入するとどの旅館の温泉にも3つまで入れるんです、10月にはジェットスターも就航しますので、またお客さん増えそうです。
2014/08/26(Tue) 08:47 | URL  | とんとん子 #-[ 編集]
No title
こんにちは
秘境の温泉 いいな~~  パパ 温泉大好きです。
温泉につかりながら 景色を見て ゆったり  最高ですね

幻の大会 お疲れ様でした。
ゆっくり 楽しく走るのが 健康にはいいのですよ。


2014/08/26(Tue) 12:10 | URL  | ハッピィー パパ #KedkrxYY[ 編集]
ハッピィー パパ さんへ
こんにちは、コメントありがとうございます!

私も温泉大好きです、くまモン県は田舎ですので秘湯がまだまだありますよ、ゆっくりお湯に浸かると「生きてて良かった~」て思えます。

幻の大会を走れて良かったです。お友達とも会えて楽しい一日でした、きっと来年も出ますよ~!
2014/08/26(Tue) 18:21 | URL  | とんとん子 #-[ 編集]
No title
とんとん子さん
お疲れ様でした。すてきな場所ですね。
秘湯!惹かれます(^_^;)
2014/08/26(Tue) 18:25 | URL  | のえる #JalddpaA[ 編集]
レースお疲れさまでした。
黒川温泉3年前に高校時代の同級生5名でおっさん同窓会の名目で訪れました。とても良かったです。
次に集まるのは還暦かな?(笑)
懐かしかったです。
2014/08/26(Tue) 18:44 | URL  | TH #-[ 編集]
黒川温泉、懐かしい!
雨のレース、お疲れさまでした。
ネット検索してみたら、かなり厳しそうなコースのようで、雨やしだいじょうぶかなぁと思ってました。完走されて、スゴぉ~イなぁ!!!とても楽しそうなご様子が伝わってきましたヨ。
黒川温泉に泊まれたんですね、実はもう10年以上前に主人やら友人やら大勢で訪れたことがあります。まだそんなに有名じゃない頃でしたが、ひなびた温泉街の雰囲気もお湯も最高、ここはすぐにブームになるんちゃうか~と話しました。懐かしいです。若かったなぁ~あの頃。シミジミ・・・^^
2014/08/26(Tue) 19:55 | URL  | はとぽう #64TjWBNY[ 編集]
のえるさんへ
こんばんは、コメントありがとうございます!

クロカンはお疲れ様でした!そしてコースベストおめでとうございました!
黒川温泉郷は全国でも有名で、どこも早めに予約しないと泊まれないようです、阿蘇や久住があるので温泉がいっぱいありますよ~!ぜひおいでくださいませ!
2014/08/26(Tue) 21:34 | URL  | とんとん子 #-[ 編集]
THさんへ
こんばんは、コメントありがとうございます!

黒川温泉、良かったでしょう!川沿いに点在する旅館の雰囲気がすごくいいんですよ。最近では近隣の温泉地も人気みたいです、次回の還暦同窓会もぜひまたくまモン県へおいでくださいませ!

レースは楽しかったです、また来年も出ま~す!
2014/08/26(Tue) 21:39 | URL  | とんとん子 #-[ 編集]
はとぽうさんへ
こんばんは、コメントありがとうございます!

なかなか面白いコースでした、もしお天気だったらもっときつかったと思います、雨で良かったです。
きっとはとぽうさんも完走できますよ!この大会は珍しく夏にある大会で、皆さんはトレーニングの位置づけで参加されているみたいです、計測もないので自分のペースで走れます♪

黒川温泉は昔はひなびてたんですけど、入湯手形発行するなど温泉組合の方々が頑張られて今のようになったようです。またどうぞおいでください、きっと思い出がよみがえりますよ!
2014/08/26(Tue) 21:45 | URL  | とんとん子 #-[ 編集]
No title
初めてコメントさせて頂きます。瀬の本高原マラソン!良いですね〜、そして黒川温泉。私も九州出身なので帰郷すると良く行きます。ニッポンの九州の素晴らしいマラソンライフ。羨ましいです!頑張ってくださ〜い。
2014/08/29(Fri) 11:03 | URL  | リオ♪ #-[ 編集]
リオ♪さんへ
こんばんは~コメントありがとうございます!!

リオさんは九州のご出身なのですね、今はNYにお住まいなんですよね、すごいな~~田舎に住んでいてNYからコメントいただくなんて、すごく嬉しいです。

九州も福岡から鹿児島まで新幹線が前線開通したので移動が便利になりました、沢山の良い温泉と大会がありますので、ぜひ帰郷されたときには参加されてみてください!!
応援ありがとうございます!今後ともよろしくお願いいたします!
2014/08/29(Fri) 20:39 | URL  | とんとん子 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック