2014年03月15日 (土) | Edit |
今日も一日バタバタと忙しく、走る時間がとれなかったので、21:00に用事を済ますのを兼ねて走りました。まず、近所のお友達のところへバレンタインディのお返しを持っていき、20分ほど話し込み、その後テルさんに用事があったので、2km離れたテルさんとこまでジョギング。
田舎なので家が点在し、明かりも所々にしかありませんが、今夜は月夜で少し明るかったので、怖かったけれど行ってきました。

用事を済ませ、少しおしゃべり。
テルさん「イノシシはおらんかった?」
私「山の奥でフンッて1回鼻息が聞こえたけど大丈夫だった。」
5分ほど私の話を聞いてくれて、なんかちょっと気持ちが楽になったので「私は今やれることを一生懸命頑張るね」と敬礼をして帰ってきた。

ただ話を聞いてくれる友人は有難い、田舎に嫁いで後悔ばかりしていたけれど、今ではかけがえのない友人が沢山いる。住めば都なのです。

今夜は長男も次男も久しぶりに一緒ですが、相変わらず皆で「釣りビジョン」を見ながら釣りの話をしています。

距離: 4.01 km
タイム: 24:59
平均ペース: 6:14 min/km
カロリー: 223 C

明日も祖父の米寿で忙しいけれど、朝早く起きれたら走ろう、もうハーフの大会まで日がなかった・・(汗)

次男にもらったイタリア旅行の画像デス。

ベネチア

ゆた


yuta1.jpg

yuta.jpg

ピサの斜塔

とれび
トレビの泉
だびんち

レオナルド・ダ・ヴィンチ博物館(かなり面白かったそうです)

この写真を見ながら、いつか外国のマラソン大会に出たいものだな~と思う今日この頃でした。


本日はご訪問ありがとうございました。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
No title
鼻息がフンっと・・・・って聞こえたんですね(笑)

ただ話を聞いてくれる友人って大切ですね(*^^)
2014/03/16(Sun) 09:30 | URL  | くみ #-[ 編集]
No title
近くにご友人がおられて心強いですね。
それにしても、コツコツ走られてますね。
頭が下がります。
(私は家で何もしないので走る時間はありますが、
用事ができて多忙になるとすぐさぼります)

ダビンチ博物館って、それはたぶんミラノですね。
そこだけ行きました。
住宅街の中にぽつんとあるんですよね。

米寿の祝いですか、おめでとうございます。
2014/03/16(Sun) 10:29 | URL  | こしわか #-[ 編集]
No title
おはようございます☆
イノシシは、うちのちょっと南の塩江の山に居ます。
捕獲して食べてるようですよ(>_<)

イタリア素敵ですね、寒かったんでしょうか?
景色が素晴らしいですね、私なんかWiiのダンスフィットゲームで世界一周やってます(笑)
外国はなんとか一度は行きたいなと思います。
2014/03/16(Sun) 10:46 | URL  | 麻花 #-[ 編集]
くみさんへ
コメありがとうございます!

そうなんです、すごく鼻息が荒くて音が大きいのでドキッとしますよ。走っていても固まってしまいます(~_~;)

友達には話をきいてもらうだけでいいんですよね、居てくれるだけでありがとうなのデス!

2014/03/16(Sun) 14:58 | URL  | とんとん子 #-[ 編集]
こしわかさんへ
いつもありがとうございます。

嫁いですぐは知らない人ばかりでアウェーな感じでしたが、28年もたてば育った土地より長くなり、すっかり土地の人になりました。

ダ・ヴィンチ博物館はとても面白かったそうです、こしわかさんはお仕事でイタリアなんてカッコ良か~、いつか私も行ってみたいデス。

祖父は今年88歳になります、誰より好奇心が強くて元気です、耳がかなり遠い以外は理想的な歳のとり方です!孫たちに囲まれて祖父はうれしそうでした、ありがとうございます。
2014/03/16(Sun) 15:13 | URL  | とんとん子 #-[ 編集]
痲花さんへ
いつもありがとうございます!

そう、この辺でもイノシシ肉を食べるようです、私が嫁いできた頃はイノシシはいなかったんですけど、さかりがついたイノシシが海を泳いできたそうで、それから増え始めました。

イタリアの気候はこちらとあまり変わらないと言ってました。
私も一度は行ってみたいです、最近ではBSテレビで豪華客船の旅を見て行った気になっています(^_^;)実は、国内でも行ったことない所だらけですけどね~(-"-)
2014/03/16(Sun) 15:22 | URL  | とんとん子 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック