FC2ブログ

やばい老人になろうって本を読んだ

最近、夕食後に血糖値下げ下げジョグをしないと落ち着かなくなってしまったトン姑です。

さて今日読んだ本

「やばい老人になろう」 さだまさし著

帯には「嫌われ憎まれることを恐れるな。この国の未来は老人にかかっている」とあります。さださんが出会った沢山のやばい老人とのエピソードなどが書いてあり、面白おかしく生きていくっていいなあと思わせる本でした。
特にさださんが瀬戸内寂聴さんに「自分は地獄に落ちるかもしれない」って言ったら「極楽なんて善人しかいあいつまらない世界よ」っておっしゃったとこ。なるほど目からウロコ。

私の場合はそうそう著名人と話せるわけもなく、田舎で出会いがあるわけもないけど、今はネットがあるからね。興味のある人の記事やYou tube チャンネル登録して毎日観てるだけでも刺激になる。
随分と便利になったもんだ。

まだまだボケるわけにもいかないですから、興味のあることはどんどん顔つっこんでいきますばい。

本日はご訪問ありがとうございました。

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村


スポンサーサイト



プロフィール

トン姑

Author:トン姑
くまモン県のとあるド田舎在住

2011年6月に直腸がんで2回の開腹手術受け子宮と直腸を摘出。
2012年11月に脂肪肝指摘されジョギングを開始、今では走る事が生活の一部になりました。
直腸がんは2016年7月で卒業、右肺中葉に結節があり経過観察中でしたが、2019年に消退しました。2018年9月より血糖値スパイクが判明、ほどほどに糖質制限中です。

2019年3月に還暦を迎えました。これからは興味のある事どんどんやっていきます。




初フル2013.12.08 4:45:11

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

04月 | 2019年05月 | 06月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
FC2カウンター
RSSリンクの表示
QRコード
QR