2017年03月15日 (水) | Edit |
35km地点まで来ました。ここからきつい登りですが、その前に見慣れた顔が沿道に見えました。おや、まあ旦那さんではないですか。観光しつくしたのか、応援に来てくれてました。
「がんばれ」って声をかけられたけど、「無理~もう頑張れん」と答えてトボトボと走ります。レンタカーを返しにすぐに戻っていきました。先に高速船に待機の予定。

さあこれから坂ですよお~~。坂の入り口に「ロケットマラソン最大の難関、ダッチェの坂、あなたはこの坂を乗り越えられるか?!」という看板がありました。登れど登れど坂はつづく。脚はもうガクガクで前に出ない。トボトボと歩いて登ります。

時々脚がピッキーンて攣りそうになるのをごまかしながら、そこでカフェイン入りのゼリーとまたツムラ68番を飲みました。
下ったところが37km地点、ここからしばらく平坦です。ここはなんとか走りました。時計を見ると5時間は超えてしまいそう、ちょっと残念。ここから必死の形相でゴールを目指します。

宇宙科学技術館の入り口にまた登り坂がありまして、私が必死で登っていると、途中で会った美ジョガーさんが「頑張れば5時間切れますよ」と声をかけてくれて追い越していかれました、そこで「私はもう無理です」と歩いてしまった。
登り上がったら、そこからゴールまでは下り坂です。目の前に平地が開けて海が見え、その美しさに思わず涙が出そうになりました。そこから500mくらいでしょうか、精一杯残った力を出し切ってゴールのテープを切りました。あ~~なんて最高に気持ちいいゴールなんだろう~~。

1489412396901.jpg

masyuスポーツより(有難うございます)

走り終わってさっきの美ジョガーさんに会ったので「どうでした?て聞いたら40秒足りなかった~」と残念そう。
私は残念というより無事に帰って来れたこと、帰りの高速船に間に合うぞという安堵感でいっぱいでした。

その後は更衣室で着替えておうどんとオニギリを頂きました。お天気がよくてステージでは生演奏があっていて、ゆったりと時間が流れていました。癒されるわ~。

P_20170312_145453.jpg

スタート地点まで戻るシャトルバスに乗らなくてはいけないので、私はmasyuさんとちょっと早めにバスに乗り、1時間10分くらいかけて西之表市に戻りました。バスの中で師匠から鳥取マラソンの結果がシーズンPB、ミキちょんから名古屋の結果がPBだったとLINEが入りました。あ、私も一応シーズンPBなんだ。実感ないなあ。

ずっと喋っているうちに高速船乗り場に到着、旦那が先に席をとってくれてました。masyuさんと3人でお話しているうちに出発時刻になり、あと一泊されるmasyuさんとお別れして船に乗ったのでした。


5時間切れなかったのでリベンジしたいところですが、もう来年はありません。いい大会なのになあ、寂しいです。
この大会は参加者が少ないというだけでなく、ロケット打ち上げが増えて会場や日程が取れなくなった為にラストランとなったようです。種子島の方が「また来てくださいね」とおっしゃいました。またいつかきっと来たいと思います。

この大会にご縁があった事に感謝します。
大会運営の方々、応援してくださった方々、ボランティアの方々、有難うございました。


本日は最後まで読んでくださりありがとうございました。

にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギングへ
にほんブログ村



スポンサーサイト