2016年03月22日 (火) | Edit |
今日は熊モン県も桜の開花宣言ありました。いよいよ春ですね~

さて、今日はランネタではなく事件の事です。

実は私の車はNOTEなんですけど、もう今年で10年目、12万キロ走っています、最近はハッチバックの調子が悪くてディーラーで修理してもらってたんですけど、大会の2日前にもハッチバックの扉が閉まらなくなり、ディーラーに持て行ったところ、部品を替えないとダメだとのことで仕方なくロックしてもらってたんです。だから荷物の出し入れは後部座席のドアを使わないといけなくなっていました。

芦北うたせマラソンから帰る途中に大型商業施設があり、そこにスポーツ店が入っているのでちょこっと寄って帰ることにしたのですが、駐車場に車を停めて、後部座席の扉を開けてバッグを取り出していたら、急に突風が吹いてドアが開いて隣の車に当たったのです。すぐに当たったところを見たら、白いラクティスのドアに黒い擦り傷がついているではないですか!!

あ~やってしまった、ショック・・・。とりあえず大型商業施設のインフォメーションのとこ行って車の持ち主を呼び出してもらいましたが、誰も来ません。仕方ないので自分の名前と携帯番号をメモして、傷の事も書いて運転手側の窓にセロテープで張って、帰りました。

その商業施設から我が家までは1時間半くらいあります、急いで帰らないといけなかったのでそのまま自宅に向けて運転していたんですが、途中で携帯電話が鳴ったので路肩に止まって出ると、品のいい落ち着いた男性の声、ちょっとホッとしました。

今からディーラーに行きますのと事だったので、Uターンしてそのディーラーまで直行しました20分くらいだったでしょうか、着いたところに白いラクティスがとまっていて、お店の中には60~70歳くらいの男性がおられたので、「お忙しいところスミマセン、修理代はお支払いいたしますので」と申しましたら、その方は整備士さんに「何とかならないですか?」って言われて、整備士さんも「傷はついてないみたいですけど」って白い粉でちょこちょこっと拭かれたら傷が綺麗に消えたのです。それを男性さんは確認され「もう綺麗だからいいですよ、遠くから来られているんでしょう、早く帰りなさい」て言われ、何度もお名前を伺ったのですが名乗られず、整備士さんにお聞きしても「私の口からは何とも」と言われ、マラソン大会の帰りだったことを言っていたので、男性さんは「いつも走っているの?頑張るね~、疲れてるだろうから早く帰んなさい」って言ってくださり、結局、名前も聞かずに帰ってきました。


実はたまたまですが、私の父の実家がそのディーラーさんの近くでして、道を隔てて父方のご先祖さまのお墓があるんです。偶然とはいえお彼岸でしたし、なんともご縁を感じたのでした。帰りに車の中から手を合わせて帰ってきました。


これから車を駐車する時は、なるべく空いているところ、そして外車の横には停まるまい・・・。



本日はご訪問ありがとうございました。

にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギングへ
にほんブログ村



スポンサーサイト