2016年02月12日 (金) | Edit |
こんばんは、今日は朝から実家の母の様子を見に行ってきましたので、遅くなってしまいました。

行く途中で沢山の方々がLSDされていました、お天気も良くて暖かくて走り日和のいちにちでしたが、私は大会の後の疲労抜きジョグもやれてません。

さて、今日は大会当日の事を書けるだけ書いてみます。

朝6時に起床し、着替えてパンとインスタント味噌汁とオニギリを食べ、7時過ぎには旅館をチェックアウトし、次男と旦那が近くのビジネスホテルに宿泊していたので、次男に会場まで送ってもらいました。旦那と次男は金比羅宮に観光に行くとのこと。

7:40には会場に到着、10時スタートなのでストレッチなぞして過ごしていましたが、ミキちょんがメンバーさんと会うというのでそこで解散、お互い自由行動としました。
9時にゼリーを一個食べ、荷物を預けてスタートブロックFに並びました。時折小さな雨粒が落ちてきて寒かった。

P_20160207_090548 (1)

ただいま56歳、オバちゃんランナーでございます。

Qちゃんが「あなたが主役、がんばろう」と掛け声をかけてくれてランナーは拳を上げて「おー!!」と返しスタートです。
少しずつ列が動き始めた頃、隣にいた私くらいのオバちゃんが「トイレに行きたい」と言い出しました。実は私もスタート1時間半前にトイレを済ませていたのですが、寒いせいかトイレに行きたくなってまして、「あー私も行きたい、行きましょう」と二人で列から離れてトイレへ、二人して列に合流しましたが、なんとFの列でした。(次からはちゃんと済ませておきます)

最初から脚が重くて5kmを6:40ペースくらいでドタドタ走り、6kmあたりから少し楽になり、8km地点で昨夜お会いしたランクラブの方と遭遇、声をかけました。

10km地点で5時間のペーサーを抜きホッとする。

15kmあたりでまた昨夜のランクラブの方と遭遇、そしたら私の名前を覚えていてくださり、「○○さんですよね、こんなところで知り合いに逢うと嬉しいもんですね~」と言われて私も凄く嬉しくなって、さっきランクラブの人に会ったこと、5時間のペーサーが後ろに居ることなどを話しました。この方は先生と呼ばれていた方なんですが、しばらくして先に行かれました。

1万人の大会で知り合いに逢うのは嬉しいもんですね、っていうか夕べちょこっと話しただけで、もう知り合いになれるというのは不思議なものです、あんなにアウェーな気分だったのがすっかり打ち解けた気分になりました。
ああやって初めてでも何かのきっかけで知り合いになれるのも悪くはないものだと、会うきっかけになったミキちょんに感謝。


20km地点でトイレの前に列ができていて、その中に先生がいました、こちらに向かって手を振ってくださったので、私も手を振って「すぐに追いつきますよ~」と声をかけました。聞えたかな?


さて、25kmあたりから脚が怪しくなりました。いつものことです、なんとか30kmまで粘ってはしりましたが、いよいよ脚が上がらなくなってきました。そのあたりで5時間のペーサーさんに抜かれました。
追いつきたくてもどんどんと風船が遠くなる・・なんと切ないことでしょうか・・・。



さて、もう時間が足りなくなりました。明日で何とか完結したいです(無理かな)


本日は途中でゴメンなさい、最後まで読んでくださり有難うございました。



にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギングへ
にほんブログ村






スポンサーサイト