2015年12月17日 (木) | Edit |
昨日は術後4年半検診でした、半年ごとの造影CT検査なんですが、今年の6月はしなくていいという事だったので1年ぶり。

ついでに乳房のエコーもお願いしました。

もう4年半だし、そろそろ「ガン」カテゴリをはずそうかなと思っていた矢先、、なんと肺でひっかかってしまいました。

元々肺には小さな結節があったのですが、ちょっと大きくなってきているとのことで検査をすすめられました。検査と言っても場所が心臓のすぐ側で穿刺し生検するのは無理、ドクターの話だともう胸腔鏡で直接細胞を取って迅速病理診断してもらって、もし悪いものならそのまま肺を切るってことになる、みたいな事をおっしゃいました。検査じたいも手術になるです。

転移の好発部位は肝臓と肺、だけど私の直腸がんは大きさの割りに浸潤しておらずステージは1だったんです、だから転移は考えられない、もし悪いものであれば原発という事になります。


う~~ん参ったな、来年もいっぱいマラソン大会エントリーしてるのにな、ってそっちの方がショック。
すぐ走れるのだろうかとか愛媛は無理でも名古屋はなんとか走れないかな・・・なんてね(笑)


まだ昨日の時点では画像の読影医の結果は出ておらず、ほぼ検査(手術になる)するだろうと思っていて、今日は同僚に仕事を休む相談をしました。直腸がんの宣告受けた時ほどのショックはなく、まあそれならそれで仕方ないって感じ。



で、私の術後の主治医は旦那の職場(事務職)である病院のドクターなので、今日は直接話を聞いてきてもらいました。
読影の結果は転移ではないとの事、つまりシロって事かな~、でも主治医は慎重派なので、ペット検査を受けることになりました。


ペット検査は直腸がんの宣告の後で受けましたが、痛くも痒くもありませんが気持ちのいいものではありませんでした。私の場合はガン診断の後だったからかもしれませんが、その時のことがちょっとトラウマになっています。


今度はペット専門の医院だから大丈夫かな~、済○○の病院にはもう行きたいくない。年内に分かるといいんだけど。



昨日は一日休みをとっていたので、自宅に帰ってきてからいつものダムを走りました。特に何も考えずいつもの景色を見ながら淡々と走りました。走った後はスッキリです、走れる事に感謝、そしてこれからもできる限り走るつもりです。



本日はご訪問ありがとうございました~!



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


スポンサーサイト