2013年07月16日 (火) | Edit |
今日はジョギング休みの日
走りたいけど我慢我慢。

2年前の今頃は退院して自宅療養していましたが、一日20回くらいはトイレに駆け込んでいたので、
外を出歩くこともできず、ゴロゴロしていました。

はじまりは2010年末に受けた職場の検診で便潜血(+)
精密検査の書類きたものの、そのうち検査を受けるつもりで放っていまいた。

2011年になってしばらくして不思議な夢を見ました。
私がどこかの病院のベッドに寝ていて、母が傍らで悲しそうな顔をして立っていたので、「私、悪い病気だったと?」と聞くと母がうなずいて「大腸がんだった」と言った夢。
あまりにもせつない気持ちで目覚めたので忘れられませんでした。

そのうち5月に下血を見たので看護師の友人に夢の話と下血の話をすると、
すぐに検査を受けるよう言われました。

仕事の都合もあったので、土曜日に検査だけ受けられる病院を探し、
2011年5月28日(土曜)大腸カメラをうけました。
診察は若い女医さんでしたが、怒ったような口調で
「がんです、手術するしかありません」
と言われ、画像を見ると間違いなく癌が写っていました。

30日に紹介先のS病院受診。

6月1日、3日、6日、13日と外来にて胃と大腸カメラ、PET検査、
超音波等の検査を受ける。

6月23日 腹腔鏡補助下低位前方切除術にて手術開始、
子宮筋腫が大きすぎ開腹に移行、一旦手術中止、閉腹

6月25日 再手術にて子宮摘出 開腹低位前方切除術

7月 9日 退院

9月 1日 職場復帰

10月10日 腸閉塞にて入院(2週間絶食)

10月28 退院

2度も開腹したからだろうということで食事制限することになり、
牛、豚肉、根菜類、海藻類、キノコ類はNGとなる。
ストレスでついついお菓子ばかり食べるようになり、
2012年11月の検診で脂肪肝指摘、肝機能悪化。

そういう訳でダイエットの為にジョギングをはじめました。

ちと長かったですね
















スポンサーサイト