fc2ブログ

国境マラソンin対馬 備忘録2

開会式が始まって、ゲストの柏原竜二さんと加納由里さんの紹介がありました。柏原さんはハーフ、加納さんは10kmを走られましたが、柏原さんは最後尾から走られたらしいけど全く気付きませんでした。最初からえぐい坂を走るので下ばかり見ていたせいでしょうか。ここはとにかく坂が多くて山の神にはピッタリなコースです。

tu1.jpg

今回はゴールが目標だったのでキロ7分ペースで脚を温存する作戦でしたが、坂が多いのでヘタすると8分とか9分とかなって関門が心配でなりませんでした。
去年は早々と10km過ぎに脚攣りがきましたが、今年はなんとか10kmクリア。早めにツムラ68番飲んで攣りに備えました。
去年収容された16kmの関門を通り過ぎたらちょっと気持ちが楽になりましたが、ゴール前にめっちゃ坂があって、またも足が攣りだして、あと500mって所では足が思うように上がらず変な走りでゴールしました。

tu2.jpg

ゴールできて嬉しいというよりホッとしたという感じでした。完走証を貰って着替えましたが、そこで思いっきり足が攣って悶絶いたしました。もっとちゃんと練習しとけば良かったと後悔ばかり。
それでも走った後の名物とんちゃん焼き弁当は美味しかったです。空自唐揚げも入っています。
tu4.jpg

会場横にある三宇田海水浴場です、日本の渚100選の認定を受けているだけあって曇りでも綺麗な景色でした。

tu6.jpg

帰りは14:25発の厳原行のバスに乗り、対馬空港で降り、17:00発の飛行機で福岡空港に着きました。空の旅は25分でした。
空港から博多駅に移動し、新幹線でくまモン駅まで帰り、自宅まで車で2時間。。。田舎に住んでいると移動が大変だなとつくづく感じました。

今回、完走できて良かったんだけど、あまりにもポンコツすぎてこれじゃいかんなと反省しています。大会を楽しむ為には練習が必要なんですね。この夏はちゃんと走ろう。

本日はご訪問ありがとうございました。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村

スポンサーサイト



国境マラソンin対馬 備忘録1

いまだに脹脛が痛いです。練習不足のツケがきてます。

さて国境の島、対馬は韓国に近く、マラソン大会の行われる場所は一番南側ですので、展望所からは釜山の夜景が見えるのだそう。私は福岡と思っていましたが、長崎県でした。。

tusima.jpg

矢印のあたりで大会が行われます。
対馬までのアクセスは九州郵船フェリーで比田勝航路か厳原航路に乗るか、福岡空港から飛行機に乗るかです。対馬で栄えてる所は厳原なんですが、会場までバスで2時間半くらいかかります。対馬って思ったより大きな島なんです。

私は博多港から22:30分発の比田勝航路フェリーに乗り込みましたが去年と違って満員御礼、乗り込む時間が遅く広間はいっぱいで硬い座席しかなく、迷ったあげく座席の下にレジャーシートを敷いて足を突っ込んでリュックを枕に寝ました。座席前が広かったので踏まれる心配はなかったです。しかし背中が痛かった。。。3時半に比田勝に着岸して何名か下船されたので、空き部屋を見つけてそこで寝て6時に起床しおにぎりとパン食べて7時に下船、シャトルバスに乗って三宇田海水浴場の会場へ10分ほどで到着。

今年は参加者が10kmとハーフとで952名、韓国の方214名が4年ぶりに参加されました。会場に次々とバスが入ってきて徐々に人が集まってきました。
私は去年のDNFが頭をよぎって不安で仕方なく、練習不足もあっていま一つテンション上がらず、不安でいっぱいでした。

いよいよ開会式が始まりました。。。

つづく

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村





国境マラソンin対馬

やっと完走できました。脚攣り祭りで辛かったです。
しかし昨年のDNFをリベンジできてホッとしています。

tusi.jpg

8位って11人中の8番目ですからね。。

本日はご訪問ありがとうございました。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村

国境マラソンin対馬 備忘録2

まだふくらはぎが痛いです。どうにもこうにも情けない。

さて、ハーフのスタートは申告タイムでCDEFに分けてあって、私はFで最後の方からボチボチスタートしました。といっても参加者は多くはないので、待たずにスタート地点通過。
tusima7.jpg

すぐに登りとあってゆっくりジョグ。7分ペースでと思ったけれど、登りがきついところは走れず、それでも5kmを過ぎたらちょっとは楽になるかなと思ったのですが、楽にならず、脚が重くて体が思うように動きませんでした。そして、まさかの10km過ぎたあたりで脹脛が攣り、悶絶しました。落ち着いて走り出したらまた攣り、すぐにツムラ68番を水なしで飲み込み、しばらくしたらよくなったのでまた走りだしました。行けるかと思ったんですが、14kmあたりからまた攣りだし、走る気は満々なのに脚が言う事をきかない。なんていうか、情けなさMax。アオタイのフル30km地点での症状と全く同じ。足の攣りが半端ない。
16km地点で関門は通過できそうでしたが、走れる気がせずリタイアしました。収容者は私一人。。


バスで帰って荷物もらって名物のお弁当もらって食べましたよ。ここのお弁当にはとんちゃん焼きという豚肉を焼いたものと、空自からあげが入っていて、美味しいのです。

tusima3.jpg

ご飯を食べてから、着替えました。本来なら会場側の温泉に入るのですが、今回は温泉はNGという事で、大きなウェットタオルが支給されて、それで着替ました。ぼんやり海を眺めてから、来年も来なくちゃなあ~て思ったのでした。余裕なくてほとんど写真を撮っていません。お土産に焼酎とお菓子を買って15:30発の空港経由の送迎バスに乗り込みまして、約1時間は車窓から景色を眺めながらあれこれと考えをめぐらしました。
空港には16:30前には着いたかなあ。対馬やまねこ空港を17:00発、福岡空港には17:35着の予定。

tusima4.jpg

tusima6.jpg

プロペラ機です、でも全然揺れなかったです。あっという間に福岡空港着。そっから地下鉄で博多駅まで行って新幹線でくまモン駅まで30分、そこから車で2時間かけて帰りました。自宅には夜の9時には到着。いや~、車の運転が疲れた。

また来年、生きていたら対馬に行きますばい。そして観光もしたいです。

本日はご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村


国境マラソンin対馬 備忘録

まさかの筋肉痛。もう本当に劣化が止まりません。

家を出発したのは土曜日の午後、家からくまモン駅まで約2時間かかります。そっから新幹線に乗り、30分で博多駅に到着。天神を ぶらついて、博多港までタクシーで移動、22時30分発、比田勝港行の船に乗船しました。料金はマラソン大会割引で5130円です、メルペイでお支払い。新船なのか綺麗な船でしたが、2等船室しかないので雑魚寝です。50円で毛布を借りて布団替わりにしました。お客さんはマラソン大会に参加する人が多かったです。船酔い防止にトラベルミン飲んで就寝。エンジン音がうるさかったけど、揺れなかったので眠れました。3時25分に比田勝港に到着しましたが、下船しなければ7時まで船に居ていいのでしっかり眠り、6時前に起床してパン食べて着替えて7時に下船。
下船したらすぐ大会会場行の貸し切りバスに乗り、会場まで10分程度で到着しました。
tusima2.jpg

まだ受付まで時間があったので海を観て、ちょっと曇り空でしたが、対馬にまた来られてよかったなあと思ったのでした。

tusima1.jpg

8時半から受付開始、事前に大会事務局から送ってきてたPCR抗体検査の結果をスマホで提示してから会場に入り、受付しました。会場には前回大会の写真が掲示してあって、自分が映っていたら持って帰ってよいのです。

続々と大会バスが到着、厳原からは2時間半かかります。それでも2018年に参加したころに比べると少なかったです。この大会は韓国の方の方が多かったからですね。

9時30分に10kmコースがスタート、9時45分にハーフがスタートしました。
つづきは次回。

本日はご訪問ありがとうございました。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村
プロフィール

トン姑

Author:トン姑
くまモン県 AMX

2011年6月に直腸がんで2回の開腹手術受け子宮と直腸を摘出。
2012年11月に脂肪肝指摘されジョギングを開始、今では走る事が生活の一部になりました。
直腸がんは2016年7月で卒業、右肺中葉に結節があり経過観察中でしたが、2019年に消退しました。2018年9月より血糖値スパイクでほどほどに糖質制限中。2021年9月より頻脈発生、12月より不整脈で服薬開始。

初フル2013.12.08 4:45:11

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

01月 | 2024年02月 | 03月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -


最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
FC2カウンター
RSSリンクの表示
QRコード
QR