fc2ブログ

ジュラシックトレイルDNS

今年3回目のDNS

ジュラシックトレイルに行けませんでした。理由は前日の夕方に旦那が熱発したからです。当初はそれでも行こうと思ったんですが、義父母の寝室のシーリングライトが切れて大騒ぎ、夜間転倒のリスクあるので私の部屋のシーリングライトを取り付けていたら遅くなり、義父母の面倒もみなくちゃいけないし、旦那の発熱が感染症なら私も気を遣わねばならないしで断念しました。
今月7日にちょんさんとコース確認していたし、お天気もよさそうだったので楽しみにしていました。
悲しくて悲しくて仕方なかったです。

j1

この景色が見られるはずだったのになあ。。。
旦那は翌日に病院受診し、結果はコロナもインフルエンザも陰性でヨカッタです。熱も下がってますし大丈夫でしょう。

今年は1月の指宿菜の花マラソン、8月の瀬の本高原マラソン、そして今回のジュラシックトレイルとDNSが多かったです。
大会エントリー代がもったいなかった。しかし歳をとると何時間も運転するのは体に堪えます。また家族の食事の用意も面倒くさいし、大会に行くのが苦になってきました。

残すは11月に苓北ハーフ、12月に10kmの大会ですが近場なので何があっても参加できると思います。

来年度からは年金生活者です、走る大会を厳選してハーフを2本、10kmを1本~2本、フルを1本くらい走れたらいいなあと思っております。目指すは70歳でフルマラソンです。無理せず長く走りたい。


本日はご訪問ありがとうございました。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



ジュラシックトレイル(第3回) 備忘録

いまだに全身が痛いです。

大会当日は朝6時に家を出て、高速を使って約2時間半で会場に到着、途中雨がポツポツと降ってきたけれど会場に着いたら雨はやんでいました。受付を済ませて車に戻ってハイドレーションにお水入れて会場入りしました。50人ごとのウェーブスタート、ゼッケンで色分けされています。9時40分にスタートしました。最初の1kmで既にキツカッタ。

jyura20213.jpg

しばらくは森の中を走りますが、そんなに急な坂でもないのに走れず、邪魔にならないように避けながら進む。雨がそこそこふってきて道もぬかるんできましたが、何も考えずに進むのみ。標高1220mの大矢岳山頂に到着したものの、雲で景色は見えず、ずぶ濡れの手でスマホを出したけど指がうまく使えず撮影を断念、とにかく早く帰りたいの一心で先を急ぎました。

しかし、登りより下りが怖かった。滑る、とにかく滑る、怪我せず帰らねばとへっぴり腰になると尻もちをつく、びしょ濡れの泥だらけ。エイドまで辿り着けたら車に乗せてもらおうかなと内心思った。もしかして中止って言われるかも、なんて期待した。
なんとか14.3km地点のエイドに到着、美味しいぜんざいと飴やチョコや梅干しで元気を取り戻す、ここの関門は12:30。

jyura20212.jpg

写真を撮るのがやっとで何時かも確認しないまま走り出す、誰も止めないから関門は通過なんだなと思いつつ。途中で脚が2度攣りそうになったのでツムラ68番を飲みました。トレイルはもうめちゃくちゃ滑るので気を付けて進むも2度ほど滑りこけた。無事に帰る事だけを考えて前の人についていく。
このまま進めばなんとか完走できるかも、あと2~3kmだと思ったとたん、何かに躓いて勢い余ってスライディング状態で転倒、と同時に両足の脹脛が攣った。もう、、、立てないオワッタ。と泣きそうになった所で後続の男性方が「大丈夫ですか」って声をかけてくださった。脹脛が攣って立てませんと言ったら脚を伸ばしてくださった。随分と楽になったけど、自力では立てず、「すいません立たせてください」って立たせてもらったら、そのまた後続の方がテープ巻いてあげましょうか?って声をかけてくださった。ちょうどツムラ68番を飲んだばかりなので大丈夫ですと答えて何とか走りだしました。
助けてくださった方々、心より御礼申し上げます。本当に練習不足でご迷惑をおかけしました。

結局は何とかゴールできました。

jyu20211.jpg

走り終わってからすぐに参加賞の500円チケットで温かい肉うどんをいただきました。

jyura20215.jpg

車に戻って汚れた足を水で洗い、車の中で着替えました。ちょっと動くと攣りそうになるので着替えはずいぶんと時間がかかりました。転倒による怪我は左の脛を浅い打撲創が1cmほど、少し血が滲んだ程度、思ったより酷くなく安心しました。何より無事にゴールできた事に感謝です。

大会を運営してくださった方々やボランティアの皆様、転倒時に助けてくださった方々、大変お世話になりました。
心より御礼もうしあげます。

本日はご訪問ありがとうございました。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村

結局ジュラシックトレイル行ってきました。

昨日の夕方までDNSと決めていたものの、夜になってむしゃくしゃしていたので、やっぱ行こうかなって思って急いで用意しました。

完走証

9km以上続けて走れていないという練習不足のせいで、脚が攣りまくりました。おまけに雨で何度も滑ったり転んだり、最後には思いっきりスライディングまでして大怪我せずに命拾いしました。

asi.jpg

全身ドロドロ、体幹鍛えてないのがバレバレです。
今は体中が痛いです。今日は早めに就寝します。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村

阿蘇ヒルクライム備忘録(前日と大会後編)

ヒルクライム前日編

阿蘇の麓のペンションに午後4時半着、スタート地点に近いせいかライドの方々が宿泊されていました。(自転車を組み立ててらした)チェックインしてから会場までの下見に行きましたが、さっそく道を間違えて30分ロス、大会当日じゃなくてヨカッタ。
走るであろうコースを観ながら夕暮れを草千里までドライブ。場所を確認してから下山。
美味しそうなうどん屋さんで夕食を摂って、またまた道を間違えながらやっとこさ温泉を見つけて入り、ペンションに帰ったのは午後9時で、9時30分には就寝しました。

草千里駐車場

あそ1

やわやわのうどん麺(九州にはよくあるやつ)に具全部乗せで700円なり。美味しかったです。

あそ3

ヒルクライム当日編はこちらをクリック→ヒルクライム当日編

ヒルクライム大会後編

完走して景色を堪能して車に戻ったら足が攣りまくり、しばらく足踏みしたり歩いたりしてから出発。目指すは秘湯「地獄温泉 すずめの湯」熊本地震で被害を受け、2019年に再開できたと知り、いつか行きたいと思っていましました。秘湯というだけあって道はところどころ狭く、こんな山奥に温泉あるの?て思いながら進むと、滝があって、そこをさらに上に登ったところに地獄温泉 清風荘がありました。

aso9.jpg


山の中に新築のモダンな建物がいくつか立ち並び、情緒ある古い日本家屋もあって、思っていた雰囲気とは違う感じ。ロビーで受付すると、すずめの湯は混浴らしく、水着レンタルあるものの一人で入る勇気はなく、女性専用風呂に入りました。
まだ開いたばかりなのと山奥ということで女子の入浴客は私を含めて3人、露天風呂と内風呂があり、新築のカッコいいお風呂でした。次はお友達を誘ってすずめの湯に入りたいです。

aso8.jpg


お風呂に入ってスッキリしたのが11時、そこから目指すは大好きなパン屋「めるころ」さん。新阿蘇大橋が3月に開通してから南阿蘇は交通の便がよくなり、お客さんが多いと聞いていましたが、やはり到着したら駐車場がいっぱいでした。ここの跡継ぎさんはドイツで5年修行してマイスターの称号もらって帰ってこられたそうで、ハード系のパンとお昼用のサンドイッチを購入して車で食べました。めちゃくちゃ美味しかった。

この後、道の駅久木野に寄り、モンベルのお店を物色しましたが、あまりにお客さんが多かったのと夕食の用意をしなくちゃいけなかったので、早めに切り上げて帰路につきました。

お天気にも恵まれて充実した一日でした。来年もヒルクライムあったら出たいな。ビリでもいいから(笑)
きっと流行病も終息しているはず。



本日は最後まで読んでくださりありがとうございました。


にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村


阿蘇ヒルクライム25日ランの部 大会編

前日24日に阿蘇山麓のペンションに宿泊、夜9時半には就寝、翌朝4時半に起床し身支度を整えて5時に宿を出ました。食事はザバスプロティンとカステラ。まだ薄暗い中を車で受付場所の草千里駐車場まで走る。この道は本日のコースになります

無題

駐車場に着くと空が薄っすらと明るくなっていました。6時45分発のリムジンバスで麓のスタート場所まで移動(ワンウエイの為)ライドの人は自転車で下るのでスタート地点に集合です。
開会式では阿蘇市長が歌でエールを送ってくださいました(成人式で歌を歌うので有名)
7時にライドの部がスタート、7時半にはランの部もスタートしました。ランの部は男子115人、女子23人。
8.5㎞地点の関門が8:40なので8:14ペース以内で走らないといけません。正直なところ関門まで楽しんで走れたらいいと思っていたのですが、なるべく歩かずに行きたいと思っておりました。

朝の清々しい空気の中、舗装道路を走りますが、車両通行止めになっているので贅沢な気分で走らせてもらいました。素晴らしい景色でしたが、写真を撮る余裕はなく、ただひたすら延々と続く坂道を登りました。

一枚だけ走りながら撮った写真、緩やかな坂道。
ASO3.jpg

関門まではなんとか走れ通過できたので、これならゴールできるんではないかと希望が生まれましたが、段々と坂がキツくなって歩いては走りの繰り返し、いよいよダメだなと思ったらあと1㎞の表示の所で後ろの人が「このまま頑張ればゴールに間に合う」っておっしゃったので、気を取り直して走りだしたけど、100ⅿが長いのよ。あと300ⅿだったかゴールが見えて何人かが「まだ間に合うぞ!!」って大声を出してくださったので気合で走ったです。あと30秒って声が聞こえた後にゴールしました。

ゴール地点は最高に気持ちのいい景色、完走証を貰ったら嬉しさのあまり泣いたです。生きててよかった。
とはいえまたも女子のビリやったばい、2回連続ビリってSUGOCA。

aso2.jpg

ASO7.jpg

車では何度も来た事があったけれど、その道を走る事ができたなんてとても貴重な体験でした。
阿蘇の皆様、大会関係者の皆様、ありがとうございました。

本日はご訪問ありがとうございました。

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村
プロフィール

トン姑

Author:トン姑
くまモン県 AMX

2011年6月に直腸がんで2回の開腹手術受け子宮と直腸を摘出。
2012年11月に脂肪肝指摘されジョギングを開始、今では走る事が生活の一部になりました。
直腸がんは2016年7月で卒業、右肺中葉に結節があり経過観察中でしたが、2019年に消退しました。2018年9月より血糖値スパイクでほどほどに糖質制限中。2021年9月より頻脈発生、12月より不整脈で服薬開始。

初フル2013.12.08 4:45:11

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

01月 | 2024年02月 | 03月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -


最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
FC2カウンター
RSSリンクの表示
QRコード
QR