FC2ブログ

阿蘇ヒルクライム備忘録(前日と大会後編)

ヒルクライム前日編

阿蘇の麓のペンションに午後4時半着、スタート地点に近いせいかライドの方々が宿泊されていました。(自転車を組み立ててらした)チェックインしてから会場までの下見に行きましたが、さっそく道を間違えて30分ロス、大会当日じゃなくてヨカッタ。
走るであろうコースを観ながら夕暮れを草千里までドライブ。場所を確認してから下山。
美味しそうなうどん屋さんで夕食を摂って、またまた道を間違えながらやっとこさ温泉を見つけて入り、ペンションに帰ったのは午後9時で、9時30分には就寝しました。

草千里駐車場

あそ1

やわやわのうどん麺(九州にはよくあるやつ)に具全部乗せで700円なり。美味しかったです。

あそ3

ヒルクライム当日編はこちらをクリック→ヒルクライム当日編

ヒルクライム大会後編

完走して景色を堪能して車に戻ったら足が攣りまくり、しばらく足踏みしたり歩いたりしてから出発。目指すは秘湯「地獄温泉 すずめの湯」熊本地震で被害を受け、2019年に再開できたと知り、いつか行きたいと思っていましました。秘湯というだけあって道はところどころ狭く、こんな山奥に温泉あるの?て思いながら進むと、滝があって、そこをさらに上に登ったところに地獄温泉 清風荘がありました。

aso9.jpg


山の中に新築のモダンな建物がいくつか立ち並び、情緒ある古い日本家屋もあって、思っていた雰囲気とは違う感じ。ロビーで受付すると、すずめの湯は混浴らしく、水着レンタルあるものの一人で入る勇気はなく、女性専用風呂に入りました。
まだ開いたばかりなのと山奥ということで女子の入浴客は私を含めて3人、露天風呂と内風呂があり、新築のカッコいいお風呂でした。次はお友達を誘ってすずめの湯に入りたいです。

aso8.jpg


お風呂に入ってスッキリしたのが11時、そこから目指すは大好きなパン屋「めるころ」さん。新阿蘇大橋が3月に開通してから南阿蘇は交通の便がよくなり、お客さんが多いと聞いていましたが、やはり到着したら駐車場がいっぱいでした。ここの跡継ぎさんはドイツで5年修行してマイスターの称号もらって帰ってこられたそうで、ハード系のパンとお昼用のサンドイッチを購入して車で食べました。めちゃくちゃ美味しかった。

この後、道の駅久木野に寄り、モンベルのお店を物色しましたが、あまりにお客さんが多かったのと夕食の用意をしなくちゃいけなかったので、早めに切り上げて帰路につきました。

お天気にも恵まれて充実した一日でした。来年もヒルクライムあったら出たいな。ビリでもいいから(笑)
きっと流行病も終息しているはず。



本日は最後まで読んでくださりありがとうございました。


にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村


スポンサーサイト



阿蘇ヒルクライム25日ランの部 大会編

前日24日に阿蘇山麓のペンションに宿泊、夜9時半には就寝、翌朝4時半に起床し身支度を整えて5時に宿を出ました。食事はザバスプロティンとカステラ。まだ薄暗い中を車で受付場所の草千里駐車場まで走る。この道は本日のコースになります

無題

駐車場に着くと空が薄っすらと明るくなっていました。6時45分発のリムジンバスで麓のスタート場所まで移動(ワンウエイの為)ライドの人は自転車で下るのでスタート地点に集合です。
開会式では阿蘇市長が歌でエールを送ってくださいました(成人式で歌を歌うので有名)
7時にライドの部がスタート、7時半にはランの部もスタートしました。ランの部は男子115人、女子23人。
8.5㎞地点の関門が8:40なので8:14ペース以内で走らないといけません。正直なところ関門まで楽しんで走れたらいいと思っていたのですが、なるべく歩かずに行きたいと思っておりました。

朝の清々しい空気の中、舗装道路を走りますが、車両通行止めになっているので贅沢な気分で走らせてもらいました。素晴らしい景色でしたが、写真を撮る余裕はなく、ただひたすら延々と続く坂道を登りました。

一枚だけ走りながら撮った写真、緩やかな坂道。
ASO3.jpg

関門まではなんとか走れ通過できたので、これならゴールできるんではないかと希望が生まれましたが、段々と坂がキツくなって歩いては走りの繰り返し、いよいよダメだなと思ったらあと1㎞の表示の所で後ろの人が「このまま頑張ればゴールに間に合う」っておっしゃったので、気を取り直して走りだしたけど、100ⅿが長いのよ。あと300ⅿだったかゴールが見えて何人かが「まだ間に合うぞ!!」って大声を出してくださったので気合で走ったです。あと30秒って声が聞こえた後にゴールしました。

ゴール地点は最高に気持ちのいい景色、完走証を貰ったら嬉しさのあまり泣いたです。生きててよかった。
とはいえまたも女子のビリやったばい、2回連続ビリってSUGOCA。

aso2.jpg

ASO7.jpg

車では何度も来た事があったけれど、その道を走る事ができたなんてとても貴重な体験でした。
阿蘇の皆様、大会関係者の皆様、ありがとうございました。

本日はご訪問ありがとうございました。

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

阿蘇ヒルクライム(25日ランの部)完走しました。

今回もギリギリ、なんとか完走できました。残り22秒!!
いやもう完走できるなんて思ってなかったから泣けたです。景色も最高でした。

aso1.jpg

阿蘇ヒルクライムは自転車とランの大会で、24日と25日に南阿蘇ステージと北阿蘇ステージの2コースで開催されました。両方に参加できることもできますが、私は北阿蘇ステージのみ参加しました。
この大会は熊本地震の復興とコロナによる地域経済の後押しをするために開催されました。もちろんコロナ対策をしっかりしたうえで。

とりあえずご報告

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村




MMP備忘録

大会から今日で5日経ちましたが、いまだに脚を引きずって歩いています。こんなに酷い筋肉痛は初めてです。
特に大腿四頭筋と腓腹筋がぶっ壊れた感じ。おまけに打撲した膝も痛くてダメージが半端ないです。

さて、忘れてしまわないうちに備忘録書いてしまわねば。
大会当日は広い駐車場に車中泊しました。ここから会場までシャトルバスが出るので、参加者の方々が沢山車中泊しておられて、全く寂しくなかったです。

朝5時に起きて用意してシャトルバスに並んだものの、乗る人が多くて3台ほどバスを待ち、会場に着いたのは15分前、慌てて受付して参加賞もらって手荷物預けてスタート地点に並んだのは5分前でした。
ショートも10分おきにウエーブスタート、私は最後の組で最後尾でスタートしました。

mi4.jpg

まずは車道をジワジワと登っていきますが、ポツンポツンと民家があって、皆さん応援してくださいました。(離れてるし密になってません)久々に嬉しい気分。市房山(1720m)の登山道に入り、市房神社の鳥居をくぐりました。
そっからどういう道をたどったかうろ覚えです。沢を3つ越しましたし、急登と急な下りをいくつも繰り返しました。7km地点で既に脹脛が攣ったのでツムラ68番を飲んだです。既に不安。

mi3.jpg

途中、目印のテープが分からなくなり、不安になってヤマップを見たらだいぶコースアウトしてまして、慌てて元の道まで引き返しました。コースアウトを知ってか、スタッフさんが下から「戻れますか?」って聞いてくださいました。この大会はヤマップでのトラッキングシステムを導入されていて、ゼッケン番号を入力するようになっており、各人の現在地が分かるようになっています。

景色を眺める余裕はなかったです。山の中をひたすら登って下っての繰り返し。まるで修行です。山伏です。
そういえば顔に怪我をされた方が(処置済み)戻って行かれているのを見て、怪我しても自力で戻らねばならないのだとちょっと怖くなりました。もう下りはへっぴり腰ですよ。案の定、下りで軽く転倒してしまい、左膝を打撲しました。幸い走れたので続行いたしました。
14km地点のエイドステーションでは久々に人に会った安堵感とゼリーやバナナにホッとしました。あと10km動く自信がなく、ここで辞めたいってチラッと思ったけど、時間かかってもゴールだけはしようと出発しました。

mi5.jpg

牧良山 990m 山頂。

mi8.jpg


その後も急な登りと下りの繰り返し、これでもかってくらい。誰がこんなコース考えたんだろって笑いがこみあげてきましたよ、アタマ変になりかけた。途中、急に空腹が押し寄せてきて、持ってきたパンを登りながら食べ、やっとの思いで一気に下ったら車道に出ました。嬉しかった~、けどこっから4kmくらい走らないとゴールできないのよね、もう脚が残ってないけど。

ダムに沿って桜が咲いて景色はめっちゃ良いのですが、いかんせん脚が痛い。と、ミドルの人が追い越していかれる。皆さんカッコいい。私がヨタヨタ走っていると「あと2kmもないですよ」って声をかけていただいた。そうか、そんなら頑張ろうって必死こきました。もうね、ガーミンは電池切れてるし、何時かもわかんない。もう7時間すぎたんじゃないかって思いつつ、それでもいいじゃないかって開き直って最後まで走りました。

ゴールしたらなんと制限時間6分前でした。声をかけてくださった方ありがとう。結果はビリだったけど、時間内にゴールできて嬉しかったです。完走証もらって昼食を頂きました。ジビエハンバーガー、めちゃくちゃ美味しかった。あと鹿肉カレーもあったけど、食べきれなかった。

mi6.jpg

mi7.jpg

7時間も動き続けたのって初めてじゃないかな。しかも累積標高2000mって、よう頑張ったなあ(涙)
これでウィッシュリスト1個叶いました。

大会を運営してくださった方々、ボランティアの方々、水上村の方々、ありがとうございました。

mi2.jpg

今年は11月にまた開催予定ですね、きっとリベンジしに来ますよ!!

最後まで読んでくださりありがとうございました。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村

水上マウンティンパーティー行ってきました。

今年のウイッシュリストの一つでもある「水上マウンティンパーティー」に参加してきました。
ショートコース、累積標高2000m 25km 私にとっては未知の世界、覗いてみたい一心でエントリーしてしまったんだけど、不安でいっぱいでした。制限時間は7時間。まずは結果から。

mizu1.jpg

コースアウトしたけど何とかゴールできました。ビリやったけど(笑)

コースマップ 水上

ランって全然できなかったです。四つん這いで登ってお尻で降りました。怪我しないで帰らねばと最後まで気を抜けませんでした。
下りが特に怖かったです。このような時期に大会を開催していただいて、とてもいい経験をさせていただきました。感謝です。
詳しくはまたレポします。

本日はご訪問ありがとうございました。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村

プロフィール

トン姑

Author:トン姑
くまモン県のとあるド田舎在住

2011年6月に直腸がんで2回の開腹手術受け子宮と直腸を摘出。
2012年11月に脂肪肝指摘されジョギングを開始、今では走る事が生活の一部になりました。
直腸がんは2016年7月で卒業、右肺中葉に結節があり経過観察中でしたが、2019年に消退しました。2018年9月より血糖値スパイクが判明、ほどほどに糖質制限中です。

2019年3月に還暦を迎えました。これからは興味のある事どんどんやっていきます。




初フル2013.12.08 4:45:11

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2021年07月 | 08月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
FC2カウンター
RSSリンクの表示
QRコード
QR