2017年08月07日 (月) | Edit |
こんばんは、台風は本当にそれていきました。先生のあの自信に満ちた顔が浮かびます。

さて、日曜日は台風がくるだろうという事で5日の土曜日にHTM Rev.で山トレしてきました。言い出しっぺはヤル気満々のミキちょん。
午後3時に天水町の草枕温泉に集合。ここから金峰山方面へ登ります。
ここは夏目漱石の小説「草枕」の舞台なのです。

草枕温泉を出発して景色を見ながら坂をずっと登ります。最初は走ってたのですが、時々歩きが入ります。

P_20170805_154825.jpg

遠くに長崎の普賢岳が見えています。

P_20170805_154745.jpg

今度は長い長いなだらかな坂を下ります。内心この坂は帰りは登りになるなあ~と不安になりながらただひたすら二人についていきます。

7kmほどのところの自販機で水分補給、その向かいにブルーべリーが売ってありましたのでフルーツでも栄養補給しました。

20170806_232925.jpg

そこから峠の茶屋まで走って約10km。そこから金峰山まで行くにはちと時間が足りないので折り返す事に。
随分休みながら走ったものだから思ったより時間がかかりました。

来た道をただひたすら走ったり歩いたりの繰り返し。ミキちょんはたくましい走り、師匠は余裕の走り、私はヘロヘロでついていくけど離されては待っててもらうという状態で申し訳なかったです。いつも足を引っ張ってます。

P_20170805_183057.jpg


P_20170805_184303.jpg

この草枕道はところどころ道路に出現、又吉直樹さんも小説「草枕」の道を歩いたそうな。

P_20170805_184136.jpg

なだらかな登りはきつかったけれど、急な坂の方がはるかにきついね、帰りは坂道を走り下りました。ゴールの草枕温泉に到着しましたが20kmまであと700mあったので、駐車場をぐるぐる周って調整。

P_20170805_191022.jpg

この後この草枕温泉でお風呂に入ったのですが、露天風呂からの景色が最高でした。夕焼けに染まる空と山が神秘的でした。
お風呂を上がってご飯食べて終了~。いい練習ができた一日でした。

後でデータを見てみたら200mくらいしか上ってなかったです。もっとあるかと思ったけどたいしたことなかったですね。20kmですが3時間半くらいかかりました。休憩多すぎ~(笑)
これでトレランとかできるんだろうか~ちょいと心配だけど楽しむしかないかな~~。



本日はご訪問ありがとうございました。


にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギングへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
2017年07月18日 (火) | Edit |
こんばんは、昨日は朝から溜まった家事を片付け、昼からも整理整頓やってたら脚が上がらなくなり、疲労抜きに2km走るというか歩くというかやったらもう筋肉痛が悪化して動けなくなりました。
今日はちょっとした段差を上がるのも辛い、過去最高の筋肉痛になりました。体は消耗品なのに、えらく消耗してしまいました。


さて、階段トレの続き。

3333段の頂上からまた山へ行くと釈迦院というお寺があるのですが、今回はミキチョン3往復、私は2往復のつもりでだったので、釈迦院には行かず下ります。ミキチョンは上手に降りていき姿が見えなくなりました。
登りより下りの方が脚のダメージは大きく、段々とふくらはぎが張ってくるのがわかりました。

P_20170716_101213.jpg

時々木々の向こうに見える景色に癒されました。

P_20170716_133502.jpg

下りきって、また登り始めると、同じくらいに降りてきた人から「また行くの?」と驚かれました。
ただ、2回目は本当に辛かったです。なんとか1000段まで行き、止めようかと思ったけれど、他の二人が頑張るので私もいけるところまで行こうと一歩一歩登りました。なんとか頂上に着いたけれど1時間30分かかりました。疲労困憊。

P_20170716_121723.jpg

頂上にいたら師匠が3回目の登頂してきたので、持ってたオニギリを食べて腹ごしらえ。しかしミキチョンはなかなか来ない、するとラインで上まで来れそうじゃないとメッセージが来たので降りることに。
1000段のところにミキちょんはいて、悔しそうでしたが一緒に降りました。というか私はもう脚が上がらなかったので二人先に降りて行き、私はガクガクする脚でなんとか降りたのでした。

1500206743061.jpg


トレーニングとして登る人は何人かいて、格好から違います。中には5往復している人がいたので、話を聴くとマラソンやってる訳でもなく、ただただ階段登りが趣味だとか。しかもお歳が77歳とな。師匠は「マラソンの方が楽ですよ、走りませんか」と薦めていた。

降りたのがもう2時過ぎていたかな。近くにある佐俣の湯へ行き汗を流し休憩室でミーティング。
源泉かけ流しの温泉は気持ち良かったです。晩柑のゼリーを頂いて満足でした。

P_20170716_161910.jpg

師匠は練習で50km走った時より脚のダメージが酷いのは普段使わない筋肉を使ったからだと言い、ミキチョンは3往復できなかったと悔しがり、私はただ脚の痛みに悶々としていました。

この日本一の階段は頂上までほぼ木陰、しかも標高が高くなると風が涼しくて気持ち良かったです。しかも下ったところには綺麗な小川があり水浴びもできます。自宅から車で1時間半はかかりますが、夏場はいい練習場の一つになりそうです。


さて、今日は歩くのもままならず、職場で笑いものでした。明日はもう少し動けるようになっていますように。

本日はご訪問有難うございました。

にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギングへ
にほんブログ村
2017年07月16日 (日) | Edit |
今日はミキちょんの発案でチームHTM.Rev.の練習会を日本一の階段でやることになり、行ってきました。

この日本一の階段はくまモン県の美里町というところにありまして、6月にはRed Bull 主催の白龍走があります。
標高240m階段数3333段ありまして、地元のランクラブなどが練習に訪れるそうです。

ちなみに白龍走大会の今年の優勝者は26:18でゴールしています、これは階段までのラン約1kmも入ったタイムですから凄いです。優勝すると男女それぞれの1位が石碑に名前を刻まれます。

misato.jpg 
(美里町の案内からお借りしました。)

師匠は連絡がつかず、どうせ遅れるだろうとミキちょんと私は先に出発。
私は23年前に子供達と登ったきりで久々の挑戦でした。

1500206729816.jpg


階段はほぼ陰になっていて、森林浴がとても気持ちよかったです。なんと登っていると途中で師匠とご対面、先に来てトレーニングしていたのでした。さすが師匠。


前情報としては1000段までがキツイという事でしたが、私はそれほどきついという感じはなく頂上まであまり休まず登りました。ガーミン時計を止め忘れててタイムは58:45でした(実際はマイナス3分くらいかな)今回はミキチョンは3往復を目標にしていたので、遅い私は「先に行って」と結局は3人それぞれのペースでトレーニングとなりました。

P_20170716_095852.jpg

とにかく流れる汗が半端なくて500mlのペットボトル2本持ってきて正解、石段には登った人達の汗がぽたぽたと跡を残しています、首に巻いた手ぬぐいもビチョビチョ、登りは右側下りは左側と決まっていて、すれ違う時にお互いに声を掛け合いました。
トレーニングらしき人、家族連れ、カップルなど沢山の人が行き来します。

さて、もう疲れ果てて眠くて仕方ありません、頭が朦朧としてきましたので続きは明日書きますです。

本日はご訪問有難うございました。

にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギングへ
にほんブログ村


2017年05月21日 (日) | Edit |
今日はデコボコ3人組(チーム名はHTM Rev.)の遠足日。朝8時30分に港に集合、案の定、師匠は寝坊で遅れると連絡あり(想定内)ミキちょんと二人でボチボチ出発。橋を渡って遠回りに海水浴場を目指します。

P_20170521_090335.jpg

前もって地図は確認はしていたつもりが、高低差は全く見ておらず、結構な登り下りに脚が既に痛い。しかも道が沢山あってあちこち迷いまくり。スマホで位置確認してもGPSがずれてたりして大変。

P_20170521_095950.jpg

小高い丘に登りあがるとミカン畑が広がります。農道に入ったら迷ってしまって焦りました。そのうち師匠から待ち合わせ場所に着いたと連絡が入ったので、こちらは遠回りに海水浴場に向かっているので近道で海水浴場へ行っててくださいと返事を出しました。

やっとの事で海水浴場に到着。家族連れが沢山いて既に泳いでいる人もいました。ここまで約11km。ほどなくして師匠も到着。

20170521_221739.jpg


海水浴場の側に胡蝶蘭栽培の施設があって見学しました。走るの忘れてる。

20170521_222335.jpg

その後、持参のパンを食べていざ出陣。海水浴場を後に走り出したものの、早速行き止まり、、と思いきや師匠は「行けるし」って海岸へ降りて進んでいく、私は「ここは行けんど~」と言うけど二人はサクサク進むので仕方なし付いて行く。
引き潮で海岸沿いに走れるけど、砂利や貝殻で走りにくい。
「そういえば昔テレビで川口探検隊ってあったよね、まるでこれは探検だよね」言うとミキちょんは「今日は探検ですよお~」と大喜び。もう師匠には隊長と呼ぶことに。隊長も「ここは体幹が鍛えられるぞ」だって。

海岸は生活用品の漂着物が色々あって、靴やら弁当箱やらペットボトル、プラスチック製品、様々です。ミキちょんは大きな松ポックリを見つけて写真撮影。楽しそう・・・。あたしゃ気色悪いんだけどなあ。
すると私もニョロニョロのぬいぐるみ発見、拾ってミキちょんに渡すとそムーミン大好きなミキちょんは大喜び。

1495374360989.jpg

二人のテンションの高さについていけず・・・。

P_20170521_124614.jpg

早く普通の道に戻りたくて仕方ない私はそれでも頑張ってついていきましたよ。満ち潮になったら大変だもの。
いよいよ山の方に道はないかと探しているとコンクリートの人造物発見!やっと民家が見えて海岸から脱出できました。

さて、まだまだこの先があるのですが、また後日に続きます。


本日は最後まで読んでくださりありがとうございました。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
2017年04月23日 (日) | Edit |
昨日と今日ととってもいいお天気でした。
昨日は朝から掃除と食料品の買出し。夜は8:00からヨガに誘われたので行ってきました。1レッスン1時間で500円です。ヨガマットを持参するようにとのことで、筋トレマットを押入れから引き出して持って行きました。

初めてのヨガレッスンでしたが、インストラクターの方が「息を吐いて~」とばかりおっしゃるので吐いてばかりいたら苦しかったです。後で聞いたら「吸って」をおっしゃらないそうで自分のタイミングで上手に息を吸わねばならないのだそう。
1時間のレッスンが終わったら、吐き気がしました。私だけなのかと思いきや、皆さんも最初は吐き気がしたそうです。

ヨガの後で友達が遊びに来てくれたので深夜2時まで家飲みして就寝。朝は起きるのが辛かったです。
9:30にはいつもの体育館に師匠とミキちょんと待ち合わせだったのですが行きたくない気持ちで一杯。遅れて行って半分だけ走ろうかななんて事ばかり考えて、渋々集合場所へ向かいました。

ミキちょんは前日の土曜日にチームの方達と美里町にある日本一の石段3333段を2往復したそう、ここは1往復も大変なのですが、他のチームの方は3往復されたそうで、皆さん変態さんばかりなのです。(変態は褒め言葉です)
ミキちょんは膝が大爆笑だったらしく、それでも今日はロング走したいと張り切っています。集合場所に着いてすぐに「私は寝不足と体調不良だから途中でリタイアするからね」と皆のヤル気をそぐような発言。しかし結局はいけるところまで行くとなり出発。

いつもと違うルートはアップダウンから始まりです。4km走ってパン屋さんに立ち寄ってパンを3個購入、オーナーさんがお水をくれました。そこから風光明媚な景色の始まり始まり。走りたくない気持ちをすっかり忘れて景色を楽しみました。

P_20170423_112257.jpg

橋を渡るのですが舗道が狭くて怖かったです。
お土産やさんでトイレ休憩、それから足湯のあるところまで走ったり歩いたりしながら景色を眺めました。さすがにミキちょんは脚が重そうです。私は最初から脚が重くてロング走というより遠足です。カフェでアイスコーヒー飲んで休憩ばかり。

20170423_215945.jpg

そこから折り返し、来た道を帰ります。空は青空で風は爽やか、景色を見ながら走ったり歩いたり。

20170423_222103.jpg

来る途中で寄った親切なパン屋さんにまた寄ってピザとカルピスを頂きました。

P_20170423_144951.jpg


長い坂を登りようやく駐車場へ帰ってきました。たったの22km(笑)
ロング走は30kmからだそうで、しかも何時間もかかった22kmは遠足としか言いようがありません。それでも最初は渋々だったのが充実した一日となりました。どのみち家に居てもゴロゴロしてお菓子食べるくらいだったから、カロリー消費もできたし、気持ちもスッキリしました。1人なら絶対走らなかったろうなと思うと仲間に感謝しかありません。

大会がないとやる気出ないもんですねえ、他の二人は隠岐のウルトラに北海道マラソン、それぞれヤル気満々です。
私も何か大会ないかなあと探して見つけた「対馬国境マラソン」でもまたもや離島で移動が大変そうなので却下。
もうしばらくダラダラと走ります。

本日は最後まで読んでくださり有難うございました。

にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギングへ
にほんブログ村