FC2ブログ
2019年12月10日 (火) | Edit |
昨日は朝からお仕事だったですが、筋肉痛が酷くて歩き回るのも辛かったです。今まだ筋肉痛、こんなにひどいのは名古屋ウィメンズ以来です。よほどオーバーワークだったんでしょうね。

アオタイ前日
12時に自家用車で出発。豚の角煮、シチュー、サラダを作り置き、あとお寿司をとってもらうことにしました。
片道221km、午後4時に会場に到着、受付を済ませて青島の宿へ。本当は車中泊したかったけど、マットやカーテンや寝袋を用意できず、1週間前に急遽宿をとりました。昔はアパートだったらしい変な宿でした。

青島前の折り返し地点まで歩いて5分もかからなかった。
せっかくだから青島観光

P_20191210_225304.jpg

P_20191210_225424.jpg

その足でご飯食べに行き、シャワー浴びて21:30には就寝

朝4:30には目が覚めまして、5:00には味噌汁、卵パン、カステラ食べて5:30に出発し大会会場の近くの駐車場に停めました。
しばらく休んで集合場所へ移動。ところが、会場に近いと思ってたら600mくらいあって、ギリギリ間に会いました(焦)

P_20191208_073303_vHDR_On.jpg

久々な方、初めての方、お会いできて嬉しゅうございました。

荷物を預けてEブロック移動。

6年前の初フルの時はFブロックでしたので、1ブロック出世しました。
あの時は余裕でしたが、今回は練習不足の為、不安で仕方なかったです。案の定、スタートしてから全く余裕なく、顔は厳めしかったと思います。

今回はいいところ全く無し、視野は狭窄し、応援の方々にも笑顔を向けられず、ハイタッチもできず、始終キツかったです。
もっとゆっくりペースで楽しく走ればよかったです。

25kmあたりでトイレに入り、28kmくらいから歩きが入り、もうダメかもって思ったですが、30km地点で梅丹飲んだら元気が出て(そんなに早く効くのかな?)ゆっくりだけど走る事ができるようになり、青島での折り返しあたりまでは走れましたが、その辺から脹脛が攣りだし、ごまかしながら走るも嫌な感じ。ここんとこ攣らなかったから芍薬甘草湯をすっかり忘れてました。

P_20191208_133336_vHDR_On.jpg

これは折り返し地点

折り返してsiomineさんの応援を通り越してからハッと気づきましたが、時すでに遅し、引き返す元気もなく、ただあの優しい「がんばれえ~」の声がその後ずっと残り、すごく有難かったです。その後は攣りをごまかしごまかし走るも、あと2kmの所から今回最強の攣りに見舞われ、左足を引きずりながらも前に進みました。もう本当にあと少しだからって必死だったです。


なんとかゴールはしたものの、もう力尽きておりました。頭はボーっとするし、食欲はないし。ボロボロ。
ゴール写真撮ってもらって荷物取りに行って靴を履こうとしたところ、ひどい攣りがやってきて立っていられず尻もちついて悶絶。立とうとしても生まれたての小鹿みたいに足が立たず、落ち着くまでずっとそこに居ました。

P_20191208_142953_vHDR_On.jpg

やっとこさ立って歩くも駐車場まで600m、トボトボと歩いたのでした。

トイレでざっと着替えて、また攣りがきたら車の運転がヤバイと思い、しばらく休憩してから出発。

アフター会場までなんとか車移動できました。
ねむねむさん、こめきちさん、みのちゃんとのアフターは凄く興味深い話がいっぱいで楽しかったし、元気になりました。
珍しい鶏料理もいただき、キツい苦しい記憶に羽が生えて飛んでいきました。

20時前に解散、そこから高速乗って23時には自宅に到着したのでした。

帰ったら旦那がお風呂沸かしてくれてて、寝床もひいてくれてて、有難かったです。感謝感謝。
去年は旦那と一緒に奈良マラソンに行ったけど、もう今年からは93歳の義父と88歳の義母だけを置いていけないからと、出かけるときは旦那と私のどちらかが残る事にしました。もう遠出は無理かなあ。。

今回は、足も終わっちゃいましたが、ガーミンちゃんも34kmで終わっちゃいました。4年目ともなるとバッテリーが持たないのでしょうね、そろそろ買い替え時のようです。

次は指宿、こんなにキツい思いしなくていいよう、もっと走りこみます。

応援してくださった皆様、ボランティアの皆様、ありがとうございました。もっと笑顔を返せるように精進いたします。

本日は最後まで読んでくださり有難うございました。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村








スポンサーサイト



2019年12月09日 (月) | Edit |
6年ぶりの青島は景色もお天気もよかったけど、自分の練習不足で最初から最後まで苦しく辛いフルマラソンでした。
沿道の応援に応えることもできず、ハイタッチもできず、応援してくださった方には申し訳なかったです。

P_20191208_233902_vHDR_On.jpg

気持ちを切り替えてこれから頑張ります。

2019年06月29日 (土) | Edit |
帰りのフェリーは15:05なので会場から比田勝港への送迎バスに乗り、ビートルの乗るみのちゃんは国際ターミナルで降り、ついでに私と師匠も夕食の買い出しの為に降りてコンビニへ。そこは免税店となっていて、韓国の方々が沢山買い物してました。
買い物が終わってバスを待ってたけど来ないし、このままだとフェリーに乗り遅れそうんだったので歩いて比田勝港へ向かいましたが、師匠が頭痛がするといって何やら具合悪そうだったのでどうしようか思ってたらタクシーが来たので助かりました。

フェリーに乗って甲板に出たら港で女の子が紙テープを持っていてお別れの儀式。そしてら甲板にいた人が皆でテープを持ちましょうって言ったんで皆が横並びに一本のテープを持ってお別れしました。船が離岸したらテープはひらひらと舞ってました。

RIMG1115.jpg

RIMG1116.jpg

さてさて、フェリーは相変わらず揺れるよ、外に出てたほうがよかったかも、とにかく横になって床に張り付いていました。約6時間の旅はただ寝てました。21時に博多港に到着、なるべく早い新幹線で帰りたかったのでタクシーに乗って博多駅へ。師匠は高速バスなのでここでお別れ。私はなんとか新幹線に間に合い、無事にくまモン駅に着き自宅へ帰りついたのは0時でした。
しかし、師匠はこの日はドームでライブなどがあったせいで高速バスは満員で乗れず、結局は新幹線で帰ったそうです。


対馬マラソン大会の参加賞のTシャツ。色もデザインもよかったです。

P_20190629_093311.jpg

この国境マラソンin対馬の参加費はなんと3000円なんでございますよ。
参加賞あり、温泉券あり、お弁当あり、フェリーの割引券ありで異国情緒も味わえるし、すごくいい大会でした。
フェリーは辛かったけど、やっぱり来年も来たいな~と思ったのでした。

大会関係者の方々、応援してくださった方々に心より感謝申し上げます。

本日はご訪問ありがとうございました。

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

2019年06月28日 (金) | Edit |
スタートしていきなり急坂、マイペースでぼちぼち上ります。
朝はパンを1個やっと食べただけだったのに何も持ってきておらず、まあフルじゃないからいいかと写真を撮りつつ走ることにしました。この時、60歳代女子の参加が8人しかいないと知ってたら欲を出したかもしれませんが・・・。

course2019.png

ほぼアップダウンのコース、高いところからの景色がよかったです。地元の応援の方々も韓国の方には「ファイティン!」日本人には「頑張れ~!」と言ってくださり、私は何度も「ファイティン」と声をかけられたです。

RIMG1099.jpg

7㎞地点くらいでみのちゃんとすれ違う。「頑張って」の言葉に「は~い」としか答えられない。坂道ばっか、ただ亀さんのごとく上りました。島って平坦な道が少ないです。

RIMG1103.jpg

ここに寄りたいと思ったけど関門あるのでスルー。昔、観光で来たことがありますが、釜山が見えたような覚えがあります。
10km過ぎたあたりから楽しく走れるようになり、このままマイペースでいけばゴールはできそうだなあと、とにかく最後まで歩かないことと自分に言い聞かせて走りつづけ、最後のエグい坂も歩かず上り最後の坂を下ってゴール。

ゴールして記録証もらったら4位だって、おおお表彰か!て思ったけど全部で8人しかいなかったので表彰は無しでした。しかし3位の人と1分しか違わなかった事を知って来年こそは入賞目指そうかなあ~なんて密かに思ったです。

師匠とみのちゃんは先にゴールしてるはず、でも見つからない。たぶん会場近くの温泉が混むので先に入っているのかなと思い温泉に向かいましたが、お腹が空いていたのでお先にご飯を食べることにし、お弁当チケットで名物のとんちゃん弁当をいただきました。

P_20190623_122445.jpg


会場で豚肉は焼いてくださっていて、作り置きではありません。めちゃくちゃ美味しかったです。今年は唐揚げも入っているとのこと。綺麗な海を眺めながらガッツキました。

RIMG1107.jpg

食事が終わってから温泉へ向かっていると師匠と遭遇、師匠は今からご飯とのこと、そこで分かれて私は温泉へ。
男性は30分待ち、女子は待ち時間なし、マラソン大会あるあるです。
とはいえ脱衣場の混みようは大変なもので、言葉が通じないので「すみません」とジェスチャーしながら自分のロッカーにリュックを詰め込んで汗を流して早めに上がったです。

会場ではアンケート用紙を提出するとガラポン抽選ができます、なので早速挑戦。くじ運悪い私、前の人が当たりだったので2回は続かないものと思いつつ回すと、なんと2等が当たったです。

P_20190623_131144.jpg

なんてラッキー♪ こんなこともあるのね。

P_20190623_131203.jpg

ラインみたらみのちゃんがお風呂に行ってるってことだったので選手控えテントへ行く途中で師匠と合流して待つ。
だいぶ人が少なくなったのは厳原からフェリー乗る人や空港から飛行機に乗る人などは会場から遠く、2時間近くかかるので無料バスが早めに帰られたから。脚に自信のある人、10kmの人はいいかも。

みのちゃんも来て話を聞いたら、熱中症で途中気分が悪くなり休んでいたそうです。でもあと少しだからと歩いてゴールしたとのこと。大事にいたらなくてよかったけど、この時期の大会でお天気がいいと怖いですね。
師匠も頭痛がすると言ってました。

さて、またこの後は続きます。

ご訪問ありがとうございました。

にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギングへ
にほんブログ村














2019年06月27日 (木) | Edit |
昼前に家を出て熊本駅まで1時間半、14時過ぎの新幹線で博多まで所要時間38分。我が屋より博多の方が近いです。
天神に移動してからウィンドウショッピング。都会っていいなあ~、憧れます。

18時頃に師匠に会い、ご飯食べてから博多港まで歩く。時間があったので途中で広島風お好み焼き屋さんに入って酔い止めのハイボールを飲みました。今回は毎年参加している師匠にお願いして同行させてもらいました。

博多港 22時30分発 のフェリーに乗り込み2等室にざこ寝、4時20分 比田勝港着、7時まで船内で休憩できます。昨夜ちょっと飲みすぎたのか気分不良。同乗者はランナーさんの方が多かったかな。

対馬へのアクセスは飛行機が福岡空港から対馬やまねこ空港までのものと、当日博多港と比田勝港往復のジェットホイル(所要時間2時間)。他に博多から厳原へのフェリー。これだと厳原から会場まで無料バスが出ていますが2時間近くかかります。

比田勝港からも随時無料バスが出ていて10分くらいで到着です。受付が始まる7時半には次々とバスが到着し、韓国の方が大勢降りてこられました。受付もハングル文字のところがあり、通訳のビブスを着た方が何人もおられ、こんなに韓国の方が多いなんて思わなかったので驚きました。

しばらくしたらみのちゃんも朝6:15分発のジェットホイルで到着。受付してから三宇田海水浴場の横のテントへ。ここは「日本の渚・百選」にも選ばれている白砂の美しい海水浴場です。

RIMG1096.jpg

みのちゃんと荷物預けに行くとここでも韓国語の受付場所がありました。韓国の方は皆さんスタイルがすごくよくて走りこまれている感じでした。スタート地点で師匠とも合流。

さて、いよいよスタートです。ハーフの部は9:30スタート。いきなり坂を上ります。

ko.png

参加者はハーフ691人、10km487人です。
仮装の方もおられましたし、韓国の方はにペイントしたりして目立ちました。女の子たちは小顔でスタイルよくて可愛らしくて目の保養になりやした。

さて、レースへと続きます。

本日はご訪問ありがとうございました。

にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギングへ
にほんブログ村