2017年03月20日 (月) | Edit |
嵐のような3連休も今日で終わり。次男が友人二人を連れて帰ってきて、さらに長男も帰ってきたので忙しかったです。まるで民宿のオバちゃんでした。今日の午後、やっと一段落ついたので走ろうと思ったら、冷たい雨がずっと降り続き、仕方ないので音楽聴きながら居眠りこいて過ごしました。

さて、種子島マラソンの参加賞を記録しておきます。

まず受け付けでもらったもの。

Tシャツ

20170320_220227.jpg

P_20170312_233115 (1)

ペットボトルに入っているのは水ではなくて芋焼酎です。さすが種子島。

P_20170312_230002.jpg

ラストランの記念タオル

P_20170312_225834.jpg

安納芋はバーベキューで焼いて食べたら美味しかったです。


ちなみに自費参加の川内優輝選手のハーフのタイムは1:04:43の大会新記録で優勝、フルの野尻あずさ選手は3:13:25で優勝でした。素晴らしいですね。

さて、明日から仕事です。皆が遊びに来てくれて楽しかったけれど、あまり走れなかったのが残念でした。
そろそろ次のシーズンに走る大会の計画でもたててモチベーション上げていきます。


本日はご訪問ありがとうございました。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


スポンサーサイト
2017年03月17日 (金) | Edit |
自宅から車、新幹線、高速船を乗り継いで6時間で到着。
鹿児島港出発前、バックに桜島が見えます。

RIMG1007.jpg


レンタカーの方が港にお迎えに来てくれてました。種子島は基本レンタカーを借りないと移動が大変なのです。まずはすぐに海岸線を走り、宇宙センターの方角を目指します。

RIMG1010.jpg

途中、お腹が減ったけれどお店がない、もちろんコンビニなし。しばらく走って定食やさんを見つけて入り、エビカレーを食べました。その後、千倉の岩屋を目指します。岩が侵食されて洞窟ができています。後で知ったんですが干潮時でないと中に入れないそうです。ちょうど干潮だったんですね。

RIMG1024.jpg

自然の力って凄いなあ~。

RIMG1020.jpg

どこまでも続く白い砂浜

P_20170311_141520.jpg

この後、ゴール地点を散策

RIMG1025.jpg

そういえば、本日17日にロケットが発射されました。最近はロケットの打ち上げが増え、マラソン大会の日程がとれにくくなったのもラストランの理由でもあるそうです。

この後、受付会場へ行って受付しました。
来た道を帰りますが、マラソン大会のコースなんですね。しっかり頭に焼き付けましたよ。民宿のある西之表市に帰ってから少し時間があったので鉄砲館を覗きました。閉館30分前でしたので、駆け足で見て周りました。

P_20170311_165121.jpg

種子島は鉄砲伝来の島。あとトビウオ漁で有名だそう。
種子島ってちっちゃいと思っていましたが、全長70kmくらいあるんです。となりの屋久島がの島影がうっすら見えました。

一日ゆっくりぼんやり海を眺めるのもいいですね、あと島一周マラニックとか楽しそう♪暖かくなったら走って海にそのまま入って泳いでもいいなあ~。
民宿は一泊2食付きで6000円、優しそうなおじい様が一人でやっておられました。

大会に備え、夜は早めに就寝しました。


私のたねがしま観光はこれで終わりデス。
本日はご訪問ありがとうございました。

にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギングへ
にほんブログ村

2017年03月15日 (水) | Edit |
35km地点まで来ました。ここからきつい登りですが、その前に見慣れた顔が沿道に見えました。おや、まあ旦那さんではないですか。観光しつくしたのか、応援に来てくれてました。
「がんばれ」って声をかけられたけど、「無理~もう頑張れん」と答えてトボトボと走ります。レンタカーを返しにすぐに戻っていきました。先に高速船に待機の予定。

さあこれから坂ですよお~~。坂の入り口に「ロケットマラソン最大の難関、ダッチェの坂、あなたはこの坂を乗り越えられるか?!」という看板がありました。登れど登れど坂はつづく。脚はもうガクガクで前に出ない。トボトボと歩いて登ります。

時々脚がピッキーンて攣りそうになるのをごまかしながら、そこでカフェイン入りのゼリーとまたツムラ68番を飲みました。
下ったところが37km地点、ここからしばらく平坦です。ここはなんとか走りました。時計を見ると5時間は超えてしまいそう、ちょっと残念。ここから必死の形相でゴールを目指します。

宇宙科学技術館の入り口にまた登り坂がありまして、私が必死で登っていると、途中で会った美ジョガーさんが「頑張れば5時間切れますよ」と声をかけてくれて追い越していかれました、そこで「私はもう無理です」と歩いてしまった。
登り上がったら、そこからゴールまでは下り坂です。目の前に平地が開けて海が見え、その美しさに思わず涙が出そうになりました。そこから500mくらいでしょうか、精一杯残った力を出し切ってゴールのテープを切りました。あ~~なんて最高に気持ちいいゴールなんだろう~~。

1489412396901.jpg

masyuスポーツより(有難うございます)

走り終わってさっきの美ジョガーさんに会ったので「どうでした?て聞いたら40秒足りなかった~」と残念そう。
私は残念というより無事に帰って来れたこと、帰りの高速船に間に合うぞという安堵感でいっぱいでした。

その後は更衣室で着替えておうどんとオニギリを頂きました。お天気がよくてステージでは生演奏があっていて、ゆったりと時間が流れていました。癒されるわ~。

P_20170312_145453.jpg

スタート地点まで戻るシャトルバスに乗らなくてはいけないので、私はmasyuさんとちょっと早めにバスに乗り、1時間10分くらいかけて西之表市に戻りました。バスの中で師匠から鳥取マラソンの結果がシーズンPB、ミキちょんから名古屋の結果がPBだったとLINEが入りました。あ、私も一応シーズンPBなんだ。実感ないなあ。

ずっと喋っているうちに高速船乗り場に到着、旦那が先に席をとってくれてました。masyuさんと3人でお話しているうちに出発時刻になり、あと一泊されるmasyuさんとお別れして船に乗ったのでした。


5時間切れなかったのでリベンジしたいところですが、もう来年はありません。いい大会なのになあ、寂しいです。
この大会は参加者が少ないというだけでなく、ロケット打ち上げが増えて会場や日程が取れなくなった為にラストランとなったようです。種子島の方が「また来てくださいね」とおっしゃいました。またいつかきっと来たいと思います。

この大会にご縁があった事に感謝します。
大会運営の方々、応援してくださった方々、ボランティアの方々、有難うございました。


本日は最後まで読んでくださりありがとうございました。

にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギングへ
にほんブログ村



2017年03月14日 (火) | Edit |
前日6時に自宅を出て新幹線と高速船を乗り継ぎ、昼には種子島到着。観光と受付を済ませて民宿に宿泊。
当日はフルのスタート場所に7時過ぎには到着。快晴なのが気がかり。

今回の参加者は過去最高で3212人、去年までは1800人程度で運営が厳しかったようです。参加費は4000円。
フルは647名、ハーフが414名、他は3km、10km2kmファミリーです。後で知ったんですが、川内優輝さんがハーフ、野尻あずささんがフルに自腹で参加されていたそうです。名簿を見たら一般の人に混じってありました。

たねがしま

ワンウエイでハーフとフルのスタート地点は違います、なので川内選手は見られなかったですが、野尻選手はフルのスタートのどこかにおられたんですね、気付かず残念。

今までの大きな大会と違ってスタート地点に集まる人数は少ないのでスタートロスほぼなし。タイム別なんてなしで、どっからでも好きなところからスタートできる感じがいいです。

P_20170312_084326.jpg

進行方向に向かって右側はよきの海水浴場

RIMG1011.jpg




少し遅れてmasyuさんが到着。

P_20170312_083819.jpg

記念撮影。私はシーズン最後のフルマラソンですが、北海道はこれからがシーズンだそう、こちらとはま逆ですね。

お話しているうちに号砲が鳴ってなんとなく走り出しました。私は6:30ペースで走ります。masyuさんは火縄銃の鉄砲隊を写真に収めるとすぐにシュッと風のように走っていかれました。

エイサーで応援してくれます、南国だな~。

P_20170312_100816.jpg

13km地点まではあっという間でした、綺麗な海を見ながら楽しくジョグ。ほぼ6:30できましたが、ここから10kmかけて100mまでの長い登りです。

6:46 7:24 7:12 7:19 7:17 6:58 6:50 6:59 8:15 7:10 6:57

歩かずに登り続けていると22km地点で40歳代の美ジョガーさんに遭遇、「きついですね、あと少しで登りが終わりですよね」と声をかけると「もう少しですね、そう思うと元気でますね、どこから参加ですか?」って聞かれて「熊本です」って言ったら、なんと熊本出身の方で、今は種子島におられるそう。

最初はあまり給水がなかったのですが、途中から2kmおきくらいに給水やエイドがあって元気を頂きました。
エイドはバナナ、黒砂糖、タンカン(柑橘系)、安納芋、あめ、などがあり、オニギリやプリン、ゼリーを出してくださるところもありました。有難かったです。
25kmのところでツムラ28番飲んで栄養ゼリーを飲みました。

30km地点まであまり長く感じられなかったですが、坂のダメージがこの辺から出始めました。とにかく35km地点まではなんとしても歩かないと決めて遅くても走り続けます。35kmから最後のキツイ登りがあるのです。

遅くなってしまったので明日に続きます。

本日はご訪問ありがとうございました。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
2017年03月14日 (火) | Edit |
すみません、記事を誤って削除してしまいました。もう一度書き直します。

何とか完走しました。5時間は切れませんでしたが、精一杯頑張りました。応援ありがとうございました。

P_20170312_225628.jpg


本日はご訪問ありがとうございました。

にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギングへ
にほんブログ村